犬のしつけトレーニングをする期間は

犬は他の動物に比べて知能が高く、コミュニケーションもとりやすいという特徴があります。そのため、きちんとしつけをすれば人間との生活がぐっと楽になります。しかし、しつけがきちんとできていないと、無駄吠えをしてしまったり、他の人にかみついたり、ひどいいたずらをしたりという形で飼い続けるうえで周りに迷惑をかけてしまうという事にもなりかねません。最低限迷惑を掛けずに、楽しく暮らしていけるようなしつけはきちんと行っていきましょう。トレーニングなどを行うのは犬にとって大変ではないかと思われがちですが、この先平和に、楽しく暮らしていくために必要なことだととらえて犬のしつけを行っていきましょう。

トレーニングを行う時期としては、子犬のころがおすすめだといわれています。大人になってから新しいことを覚えるよりも、最初から習慣としてしまったほうが良いのは人間にとっても同じです。特に人をかむなど、周りに迷惑をかけてしまうような行動については早い段階からいけないことだと覚えさせていくことが必要になります。子犬のうちなら大きなけがにならなくても、大人になってからでは大きな事故になることも多いので、困った行動をするたびにしつけのチャンスだと思い、取り組んでいきましょう。

また、アイコンタクトが取れるようにすること、名前を覚えさせることなども子どものうちからぜひ取り組んでいきたいしつけです。読んだ時にきちんと飼い主に注意がむけられるようになると危険も避けやすくなりますし、今後のしつけもしやすくなるということがあります。こうした程度のことは、飼いはじめた時点から毎日の生活の中で行っていくことになりますので、特に意識をしなくても取り組みやすいでしょう。犬とのコミュニケーションを楽しみながらぜひ早い段階から行っていくようにしたいものです。待てや座れ、ふせなどが出来るようになると、生活の中で大いに役立ちます。こうした基本的な命令は覚えてくれるまで繰り返し教えていきましょう。

最低限のしつけでも、すぐに覚えてくれる犬もいれば、なかなか身につかない犬もいます。覚えられるかどうかは犬によっても違いますから、一概にどれぐらいの期間を取り組めばよいかということは言えません。その子の性格や能力にもよりますから、一度やればよいという事ではなく、きちんと覚えるまで続けていくということが犬のしつけでは大切です。ある時はしつけて、ある時はそのままでいい、ということになると犬も混乱しますので、しつけをしている期間は家族などでも情報を共有し、みんなでしつけるという意識を持つようにするのが良いでしょう。「この期間で覚えさせなければいけない」と考えすぎずに、覚えるまで根気強く取り組んでいくということが重要になります。

ある程度大きくなってきたら、家族以外の人やいろいろな環境に慣れていくという事も必要になってきます。毎日の散歩などで外の刺激や、人や犬との付き合い方を経験していくことになるでしょう。慣れないうちは、人や犬に対面するときにリードを短く持ちましょう。犬がパニックになった時にすぐに引き寄せされるようにしておく必要があるためです。外で行けないことをしたらきちんと叱るという事も、しつけでは重要になります。最近は室内だけで飼われている犬も多いので、こうした人や犬に慣れていくという機会が作りにくくなっていることがあります。室内で飼っている犬でも散歩の機会を持ったり、しつけ教室などで他の犬と触れ合う機会を作ってあげたりという事も考えておきたいものです。

家庭でしつけが難しいという場合、犬と飼い主が一緒に通うしつけ教室などに通ってみるのもよいかもしれません。犬をしつけるという事ももちろんですが、飼い主の側がどのように行動していけばよいのかという事を知ることができるという事も大きなポイントとなります。飼い主側がうまくしつけられなければ、いくら時間をかけても効果が出にくいので、しつけの仕方をしっかり飼い主側が学ぶということが重要になります。しつけがうまくいかない場合は犬の問題だけを考えるのではなく、飼い主の側に問題がないかどうかを考えてみましょう。

日常生活が困らないようにするしつけ以外にも、いろいろな芸を教える犬のしつけもあります。こういったものは遊びの一環として、楽しく続けていくことで覚えてもらえることが多いでしょう。しつけばかりで辛い状況にするのではなく、しつけ自体が楽しいもので、うまくいくと嬉しい、と犬が感じると、どんどん覚えてくれるものでもあります。飼い主と犬が楽しめるような関係生徒雰囲気を作って、根気よく行っていくことが大切です。
しつけは一方的なものではなく、犬と人のコミュニケーションの方法でもあります。いつまでやればよいという事で期間を区切るのではなく、一生かけてコミュニケーションをとっていくように、取り組み続けていきましょう。


おすすめドッグフードランキング

管理人が食いつき、安全性などを考えて選んだお勧めのドッグフード1位~3位を紹介してます。是非参考にしてみてくださいね。