犬のトイレのしつけに失敗しない方法

ペットとして犬を飼ううえでは、犬のしつけが非常に重要となります。その中で最も大切で、なおかつ基本のしつけの一つともなるのがトイレのしつけです。トイレに関する犬のしつけについては、なるべく早い段階で始めることが重要です。犬を迎え入れたらすぐにでも始めるようにしましょう。

犬のトイレのしつけについては、上手にできなくて悩む人が非常に多いものです。そのためにも最初から失敗しない方法を頭に入れておくことが大切です。最初の段階で、家のあちらこちらにおしっこやうんちをさせてしまうと、犬はなかなか場所を覚えられなくなってしまいます。

必要なものとしては ペットシートやトレー、サークルが挙げられます。ペットシートについては、犬がおしっこやうんちをする際にはペットシートが必ず必要となります。最初は様々な場所にしてしまうかもしれないので、なるべく余裕を持ってく用意しておくようにしましょう。次にトレーです。これが場所を覚えさせるために用意しておくと便利なものです。子犬のうちは歯がむずがゆくてシートをかじってしまうこともあるので、シートの上にメッシュカバーをかぶせるタイプのトレーを用意しておくと、シートをかじってしまうことを予防できます。

近年では家の中で放し飼いにして飼うという人も多いでしょう。しかしトイレのしつけの際には、サークル内で行うことが失敗をしないためにも重要です。いずれは放し飼いにしたいと思っていても、きちんとおしっこやうんちができるようになるまでは、サークルで飼った方がよいでしょう。サークルには、生活するスペースと排泄するスペースが仕切られているものを選ぶようにしましょう。トイレ専用のスペースがあるものを選ぶと、さらにしつけは成功しやすくなります。

犬にはもともと自分のテリトリーを汚したくないという本能が備わっているので、スペースが別になっていればしつけはしやすくなるでしょう。
必要なものが揃ったらサークル内の準備をしていきましょう。サークル内の1か所にトレーを設置します。最初は、サークル内のあちこちでおしっこやうんちをする可能性が高いので、トレーの場所以外にも、全面にシートを敷き詰めておくとよいでしょう。準備が整ったら犬を排泄場所に誘導します。犬がおしっこやうんちをしたくなるタイミングとしては、運動や遊んだ後、起床時や就寝前、食後などのほかにそわそわしている時も、可能性が高いです。場所まで誘導したら、おしっこやうんちを促します。おしっこやちっちなど、言葉を決めておくと排泄を促しやすいでしょう。上手にできたら、思いきりほめるようにしましょう。なでてあげたり、おやつをあげることも有効です。これらを繰り返しながら、少しずつシートを片づけていきます。そして最終的には本来の場所だけにシートを敷くようにしましょう。

もしも促したとしても排泄しない場合には、10分から15分ほど時間を置いたうえで、もう一度促してみましょう。たとえ指示をした時に排泄しないからと言って、叱ってはいけません。はじめのうちは違う場所でしてしまうこともあるでしょう。これはまだ場所を覚えていないので、当たり前のことともいえます。このような場合には黙って片付けるようにしましょう。そしてサークル以外の場所でしてしまった場合にも、何も言わずに掃除を行うようにしましょう。大切なことは失敗してしまったとしても、決して怒らないこと、そしてにおいを残さないようにしっかりと掃除をすることです。失敗してしまった場所ににおいが残っている場合には、再びその場所でしてしまう可能性が高くなります。

トイレのしつけに失敗しないポイントとしては、失敗しても怒らないということです。失敗したときにおこってしまうと、排泄すること自体がいけないことだと勘違いしてしまいます。これによりあまりおしっこやうんちをしなくなってしまいます。こうなってしまうと体にも悪影響を及ぼします。失敗したとしても決して怒ることなく、そして黙って片付けるようにしましょう。そして失敗ししまった場所は、においが残らないように、きれいに掃除を行います。

マーキング防止用の消臭スプレーなど、そのほかにも様々な消臭スプレーが販売されているので、このようなものを使用すると、においを消す効果が高いといえます。そしてそのほかの犬のしつけにも言えることですが、きちんとできた時にはたくさん褒めてあげるようにしましょう。言葉で褒めてあげたり、頭や体を十分になでてあげたり、大好きなおやつを上げるのもよいでしょう。犬はほめられることによって、その場所でおしっこやうんちをすることはいいことだと学習します。これを繰り返すことで、しっかりと覚えられるようになるでしょう。またおしっこやうんちをする場所は不衛生になりがちな場所なので、まめにシートを取り換えて、きれいに掃除を行い常に清潔に保つようにしましょう。


おすすめドッグフードランキング

管理人が食いつき、安全性などを考えて選んだお勧めのドッグフード1位~3位を紹介してます。是非参考にしてみてくださいね。