どういうときに犬のしつけが必要か。しないとどうなる?

犬のしつけは、犬を飼う上ではとても大事なことであり、おろそかにしてはならない部分でもあります。その理由として様々なことを指摘する人がいますが、なんといってもトイレの問題が大きいと言われています。もし、犬のしつけを怠れば、どこにでも用を足してしまうような犬になってしまいます。そうしたことによる弊害は家の内外において様々なトラブルを招くことにつながります。犬のしつけをしないとどういうことになるのか、そうしたものを冷静に見ていくことで、しつけの必要性を改めて再確認することができるようになります。

トイレの問題に関して、家の中で飼育をしてた場合、何もしないでいるととんでもないことになってしまいます。どこにでも用を足すようになると家中が犬の排泄物だらけになってしまうということです。例えば、人間であれば子供の時からトイレトレーニングを行います。それまではおむつの中に用を足したい時にすることができましたが、当然ながら大人になるときにそんなことでは話になりません。トレーニングを行うことで、用を足す時はトイレでするというのを知ることができ、色んな失敗を乗り越えて、決められた場所で用を足すようになります。

いわば犬の場合も同じことです。犬のしつけをすることで、決められた場所で用を足すようになれば家の中を汚さずに済み、掃除も楽になります。最初のうちはいくら賢いと言われている犬でも失敗はします。その時は叱りつけるのではなく、そこでしてはいけないというサインを出し、その部分をきれいにしておきます。おしっこの痕跡を残しておくと再びそこでしてしまうことがあるからです。そして、決められた場所に用を足した場合には思いっきり褒めてあげると犬は喜びます。これを繰り返していくうちに、犬は学習し、所定の位置で用を足すようになります。

犬のしつけが求められるのは他にも存在し、散歩をしている時も必要になります。これは飼い主との主従関係にも大きな影響を与えます。散歩をしている犬の中には犬が率先して歩いたり、走ったりし、それに引っ張られるように飼い主がついていくことがあります。これは明らかに犬がリードし、飼い主がついていく状況であるため、犬が上、人間が下という関係性になり、いざという時に言うことを聞いてくれない恐れがあります。また、別の犬と遭遇した時に威嚇で吠えるのも、あまりしつけがなっていない証拠です。そのため、改善が求められます。

しつけをする必要性として、ショッピングモールや病院などの公共施設に連れて行く機会がある場合です。近年は犬と同伴でショッピングモールに入ることができるところが増えています。そんなところで、飼っている犬が大騒ぎし、迷惑をかけたら大変なことになります。そうしたところに連れていく時に犬のしつけをしておく必要があります。といっても、そこまで難しいことはしなくても大丈夫です。例えば、犬のリードを多少緩めつつ、すぐに引っ張って、コントロールができる状態にしておけば問題ありません。あとは、人間の動きに犬がついてくるような形で十分です。

結局のところ、犬のなすがまま、犬の動きに翻弄をされるため、大変な思いをしているだけに過ぎず、意識をして引っ張っていけば確実に言うことを聞きます。それは子供にしつけを教えるのと全く同じであり、ダメなものはダメ、いいものはいいということをしていれば、少なくとも周囲の人間に迷惑を与えるようなことにはなりません。かまってあげられない、散歩に行くのが面倒くさいなど人間の都合によって、犬もそれに合わせているだけです。飼い主が意識を変え、しつけに本腰を入れれば、犬は間違いなくついてきてくれます。


おすすめドッグフードランキング

管理人が食いつき、安全性などを考えて選んだお勧めのドッグフード1位~3位を紹介してます。是非参考にしてみてくださいね。