吠える犬のしつけ方でやってはいけないこと

なにかと物騒な今日では、知らない人間が家に近づいたら吠えるような番犬はとても頼もしい存在です。しかし飼い主や「怪しい人間ではない」と判断することができた人間に対しては忠誠心を見せたり甘えたりするようになるので、そのギャップも可愛らしさの1つでしょう。しかしこんな愛らしさを誰もが経験することができるわけではありません。しっかりとしつけ、飼い犬とのコミュニケーションを十分にとることができるようになって初めて相手も飼い主を認めてくれます。その苦労があって築き上げることができる主従関係はそう簡単なことではありません。闇雲にしつけを行っていては逆効果になってしまうことだってあるのです。

すぐ吠えるのを直すには?

多くの飼い主が悩みとしてあげる項目として「すぐに吠える」というものがあります。誰に対してもしつこく吠える、時には飼い主に対しても吠えるというような状態のため、散歩に連れて行ってもすれ違う他の犬や人とケンカしそうで恐ろしいというのです。これは今まできちんとしつけを行ってこなかった結果か、あるいは間違って行ってきた証です。

ある程度大きく成長してしまってからではもう手遅れではないかと諦めている人もいますが、決してそのようなことはありません。犬というのはとても賢くコミュニケーション能力が高い動物なので、飼い主が正しく言って聞かせればきちんとこたえてくれます。正しいやり方を知ることも大切ですが、その前に一体何が間違っているのかというポイントを紹介します。

「吠える」という行動は自然なことだと理解する

他の家の子は大人しくしているのに、なぜうちの子は吠えるのだろうと「吠える」という動作自体を悪いもののように捉える人が多いのですが、実際は逆です。そもそも狩猟することで繁栄してきた動物なので、吠えたり噛んだりするのはとても当たり前のことです。また言葉を発することができないので吠える動作はコミュニケーションをとっている証でもあります。人間が他者とコミュニケーションをはかるときに言葉を交わすのと同じくらい自然なことなのです。それを禁止されたらどうでしょう。人間だって「しゃべるな」と叱られると苦痛になります。特に子どもにそんなことを言ってしまえば、口数が少なくコミュニケーション能力を育むことができない子になってしまいます。それと同じことを人間ではないからと言ってやってしまってはいないでしょうか。「吠えるな」ではなく吠えたい時には「何を伝えようとしているのだろう」と耳を傾ける姿勢から始めることが大切です。何か欲求を伝えようとしているのであれば吠えるのではなく別の小さな動作によって伝える癖を身に着けさせます。例えばお腹がすいたときに吠えて伝えるのではなく、エサ入れの前でお座りをさせるなどです。このように欲求の伝え方のレパートリーを増やせば吠える必要がなくなっていきます。

やってはいけないこと

叩いてしまう

しつけだと言って手をあげてしまう行為はNGです。それは犬が「叱られている」と分かっていないからです。人間は悪いことをして叩かれると「もう叩かれたくないからやめよう」という1つの規制ができます。しかし動物にそれは通用しません。伝えたいことを吠えることで伝えているだけで悪いことをしているという認識がないからです。飼い主の自己満足で叩いてしつけてしまうと、余計に吠えるようになったり飼い主に対して恐怖を抱くようになってしまいます。

名前を呼んで怒鳴る

「やめなさい」と叱るのではなく名前を大声で叫んで叱るという人もいるでしょう。これは恐怖を与えることになります。そのため叱っているわけではなくただ呼んでいるだけであっても名前を呼ばれるたびに怯えさせてしまうことにつながるのです。せっかく与えられた名前なのに、その名前を呼ばれただけで怖いと思ってしまうのはお互いにショックなことです。そのため叱るときには「ダメ」や「しっ」など、名前とは関係のない言葉を使うようにしましょう。毎回同じ言葉で叱られることによって「この言葉を言われたということは怒られているのだ」と理解できるようになっていきます。

これらのポイントでいくつか当てはまるという人もいるでしょう。動物と人間は共存してきた歴史があるものの、言葉が共通ではないので通じ合うまでに時間がかかります。主従関係においても人間が上だと当たり前のように思う人がいますが、飼っているペットが「自分の方が上だ」と認識すれば飼い主の言葉を聞かず好き勝手に行動します。どんなペットであっても主人が誰なのかを理解させることが重要です。これらを改善するだけでもしつけの結果がスムーズに出やすくなる可能性もあります。愛犬に変わってほしいと思う前にまず飼い主が変わる努力をしましょう。叱るのは愛情の1つであるということを忘れてはなりません。厳しく言わないとか怒らないということが大切なのではなく、伝え方を考えるということが大切なのです。


おすすめドッグフードランキング

管理人が食いつき、安全性などを考えて選んだお勧めのドッグフード1位~3位を紹介してます。是非参考にしてみてくださいね。