悩み

簡単に治る?愛犬の涙やけの原因と正しい対策

犬のなみだやけ

愛犬の涙やけの症状や原因をまとめてみた

犬にとって涙はとても重要な存在で、目の表面を覆って栄養を与えたり鼻を湿らせたりといった役割を持っています。

しかし、あまりにも大量に分泌されていると溢れだした涙が目頭の毛に付着し、細菌が繁殖したりタンパク質が酸化したりして涙やけを起こしてしまうのです。

愛犬の涙やけの症状は、主に次の2つとなっています。

・目の周りの被毛が茶色や黒色に変色する
・皮膚炎を発症してかゆみが出る

「ただ涙が増えているだけ」と甘く見ている方はいますが、放置していると皮膚炎の症状が更に悪化しやすいので注意しないといけません。

このページでは愛犬の涙やけの原因を紹介していますので、一度チェックしておきましょう。

目の中にゴミが入っている

目の中に小さなゴミや毛などの異物が入り込むと、涙の分泌量が増えて涙やけの原因となります。

涙が増えるのは入り込んだ異物を取り除くためで、愛犬も私たち人間も全く同じですね。

目が大きくて鼻が短い以下の小型犬ほど、涙やけにかかりやすいと言われています。

・トイプードル
・ポメラニアン
・チワワ
・テリア

これは病気を患っているわけではないので、目の中に入ったゴミを取り除いてあげましょう。

鼻涙管に異常がある

私たち人間も愛犬も、鼻涙管と呼ばれる管で目と鼻が繋がっています。

この鼻涙管に何かしらの異常があると、涙やけを起こしやすいのが特徴です。

なぜ鼻涙管の異常で涙やけが発生しやすいのか、詳しいメカニズムについて見ていきましょう。

①通常は鼻涙管を通って涙が鼻に流れていく
②鼻涙管に異常が起こっていると詰まりやすい
③涙が鼻を抜けずに外に溢れ出す
④目の周りが常に濡れた状態となる

目の周りが常に濡れているとバクテリアなどの雑菌が繁殖しやすく、涙やけに繋がります。

肥満で代謝が鈍くなっている

肥満で代謝が鈍くなっている愛犬は、次のように涙やけの原因になりやすいので注意が必要ですよ。

①運動量や水分の摂取量が足りていない
②だんだんと肥満になって体重管理が必要となる
③身体全体の代謝が悪くなって涙やけが出る

ペットも食べすぎや運動不足が引き金となって肥満になりやすいので、カロリーのバランスを見直したり定期的に散歩をさせたりと愛犬の健康を維持する努力をしましょう。

普段から食べているドッグフードに問題が潜んでいる

普段から食べているドッグフードが原因で、涙やけを発症するワンちゃんも少なくありません。

以下では、ドッグフードが原因で涙やけに繋がるメカニズムをまとめてみました。

①ドッグフードに入っている穀物や添加物が原因でアレルギー反応が起こる
②目の周囲がかゆくなって掻き毟ったり擦ったりする
③涙が必要以上に分泌されて涙やけが引き起こされる

安価なドッグフードには粗悪な原材料やタンパク質、人工添加物が含まれていることがありますので、愛犬の健康を維持するには慎重に選ぶ必要があります。

老化現象の一つ

人間と同じように、愛犬も加齢によって様々な老化現象が引き起こされます。

涙やけも老化現象の一つで、高齢になると涙の分泌量のコントロールが上手くいかず、涙で毛が濡れている時間が増えると皮膚常在菌が繁殖しやすいのです。

細菌の繁殖は涙やけではなく皮膚炎の発症にも繋がるため、老犬やシニア犬のケアは慎重に行わないといけません。

愛犬の正しい涙やけの対策はこれだ!

愛犬の涙やけで悩んでいる飼い主さんのために、ここでは正しい対策の方法をまとめてみました。

「目が刺激を受けている」「アレルギー反応を起こしている」など幾つもの原因が考えられますので、愛犬に合う対処をきちんと行ってください。

国産で無添加のドッグフードのDr.ケアワンに切り替える

今まで市販のドッグフードを愛犬に与えていた飼い主さんは、国産で無添加のDr.ケアワンに切り替えてみましょう。

Dr.ケアワンは愛犬の身体の内側から改善する健康長寿フードで、次の悩みを抱えている方に向いています。

・口臭が酷い
・毛並みが悪くなっている
・便秘や下痢になりやすい
・涙やけが悪化している

ワンちゃんが生きていくために必要な栄養素だけを凝縮し、防腐剤や合成保存料などの人工添加物は全て除去しました。

アレルギーによる涙やけの対策にもってこいのフードですので、是非一度Dr.ケアワンを食べさせてみてください。

あわせて読みたい
Dr.ケアワンの口コミや評判はどう?特徴やメリット! Dr.ケアワンの特徴やメリットをチェック! Dr.ケアワンは、愛犬の健康寿命を支えて少しでも長く元気に過ごせるようにと開発され...

毎日の生活で水分を多く摂取させる

毎日の生活で水分を愛犬に多く摂取させるのは、涙やけの対策や予防として効果的です。

愛犬の身体にとっても水分はとても大事で、主に次の3つの役割を持っています。

・栄養素の運搬
・老廃物の排除
・熱の放散

水分不足の状態が続くと体内の老廃物がおしっことして排泄されず、目や毛穴を中心ににじみ出て涙やけの原因になりやすいので注意しないといけません。

あまり水を飲んでくれない時は、ドッグフードをぬるま湯でふやかしたり魚を煮込んだスープをあげたりしてみましょう。

まとめ

愛犬の涙やけは目の中にゴミが入ったり、ドッグフードによるアレルギーが引き起こされていたりと様々な原因があります。

老化現象や病気が引き金でない場合は、ドッグフードを切り替えたり水分の摂取を意識したりすることで対策可能ですよ。

しかし、鼻涙管の異常や逆さまつげは治療が必要となるケースがありますので、あまりにも愛犬の涙やけが酷い時は自己判断で対処せずに動物病院を受診しましょう。

涙やけをしっかりと治療すれば皮膚炎を中心に他の病気の予防にも繋がるため、専門医の指示に従って愛犬の健康を維持する努力をしてみてください。