悩み

愛犬の皮膚トラブルの原因と正しい予防法

愛犬の皮膚トラブルの原因とは?

愛犬が患う病気の中でも、皮膚トラブルは代表的ですね。

愛犬と毎日の生活を送っていて、次のような症状が出ていることはありませんか?

・身体をかゆがっている
・皮膚に湿疹ができている
・ハゲてきている

皮膚に何かしらのトラブルが出ている時は病気の可能性が高く、放置していると長期化したり再発したりしますので非常に厄介です。

そこで、まずは何が原因で愛犬が皮膚トラブルを引き起こすのか見ていきましょう。

皮膚疾患を患っている

私たち人間の肌に湿疹や蕁麻疹が形成されるように、愛犬も皮膚疾患を患うことがあります。

皮膚疾患の大きな原因は皮膚に棲み付いている常在菌で、身体の免疫機能が落ちたりノミに噛まれて弱ったりしていると皮膚炎などの症状が出やすいのが特徴です。

犬の皮膚炎と一口に言っても様々な種類に分けられますので、それぞれの原因や症状についてまとめてみました。

細菌性皮膚炎:皮膚に細菌が感染して発症する病気で、炎症が酷くなるとかゆみや湿疹などのトラブルを引き起こす
真菌性皮膚炎:カビの感染が原因で、皮膚のバリア機能が低下しているとかゆみや赤みなどの症状が出やすくなる
脂漏症(しろうしょう):皮膚常在菌のマラセチアの繁殖が原因で、フケが出てかゆみが広がったり皮膚の表面がカサカサしたりする
膿皮症(のうひしょう):ブドウ球菌の大量発生が原因で、小さな発疹から大きな状態へと広がっていく
心因性皮膚炎:精神的なストレスで過度に身体を舐めていると皮膚炎を発症してかゆみが出やすくなる

皮膚に細菌が棲み付いているのは人間も愛犬も一緒で、特に不思議なことではありません。

しかし、異常に繁殖したり皮膚のバリア機能が弱ったりしている状態だと、免疫で抑えられなくなってトラブルに繋がりやすくなりますよ。

アレルギーによるトラブル

愛犬の皮膚トラブルは、アレルギーも大きな原因の一つです。

アレルゲンと呼ばれる原因物質が体内に入ったり皮膚に触れたりすることで、身体の免疫機能が反応してかゆみや湿疹を起こします。

アレルギーは毎日の食生活に原因が潜んでいることが多く、代表的なアレルゲンを幾つか挙げてみました。

・鶏肉や牛肉、卵や魚などタンパク質を含む食べ物
・ドッグフードの中に入っている防腐剤や着色料などの人工添加物
・同じ種類の食べ物を毎日食べ続けている

ドッグフードの品質が悪かったり、同じ食べ物を食べさせたりしているとアレルギー性皮膚炎を発症することがあります。

皮膚に引き起こされるトラブルだけではなく、「咳」「鼻水」「くしゃみ」「目の充血」「下痢」といった症状も愛犬に出ている場合は、食べ物によるアレルギーだと判断した方が良いでしょう。

ノミやダニ

アレルギーと似ていますが、ノミやダニが原因で愛犬が皮膚トラブルを起こすケースは少なくありません。

細菌性皮膚炎やアレルギー性皮膚炎と同じように、かゆみや赤み、湿疹や発疹といった症状が代表的ですね。

ノミやダニが引き金で発症する皮膚トラブルは、以下のように幾つかの種類に分けられます。

ノミ寄生:ノミやダニによる代表的なトラブルで、犬の皮膚から吸血する際に病原体が感染してかゆみを起こす
疥癬症(かいせんしょう):ヒゼンダニの寄生が原因で、強みかゆみで掻き毟り続けると余計に皮膚の状態が悪化する
毛包虫症:アカラス症やニキビダニ症とも呼ばれていて、免疫力の低下で毛包虫が増えると皮膚炎が引き起こされる

ノミやダニは皮膚のかゆみや湿疹を引き起こすだけではなく、噛むことで病原体に感染されやすくなりますので要注意です。

愛犬の皮膚トラブルの正しい予防法はこれだ!

愛犬の皮膚トラブルの原因は多岐に渡りますので、完全に予防するのは難しくなっています。

しかし、飼い主さんが毎日の生活で気を配ることで、皮膚炎や感染症の発症率を少しでも下げることは十分にできますよ。

このページでは愛犬の皮膚トラブルの正しい予防法をまとめてみました。

「皮膚をかゆがる」「皮膚に湿疹ができる」といった状態は愛犬にとって非常に辛い症状ですので、正しい予防法を実践してみましょう。

ドッグフードのDr.ケアワンを食べさせる

愛犬の皮膚トラブルは、毎日食べさせているドッグフードに潜んでいるケースが少なくありません。

そこで、「皮膚をかゆがっている」「皮膚に湿疹ができている」といった愛犬の症状で悩んでいる飼い主さんには、Dr.ケアワンがおすすめです。

Dr.ケアワンはネット通販で販売されているドッグフードで、動物栄養学博士の監修によって作られました。

コンビニやディスカウントショップのドッグフードよりも遥かに品質が高く、数多くの飼い主さんから評判を得ています。

以下では愛犬の皮膚トラブルを予防するに当たり、なぜDr.ケアワンを食べさせた方が良いのか理由をまとめてみました。

・「香料」「着色料」「合成保存料」「BHA」「BHT」「防カビ剤」「エトキシキン」などアレルギーの原因となる人工添加物を使わない無添加に仕上げている
・消化吸収が良くて愛犬の腸内環境を助ける玄米や大麦を使っている(グルテンアレルギーのリスクがある小麦やとうもろこしを使っていない)
・愛犬の免疫力を高めて肌トラブルから守るアントシアニンやビタミンEなどの抗酸化成分をバランス良く含んでいる

愛犬の身体を根本的にケアして、健康長寿を目指す目的で製造されているのが何よりの嬉しいポイントですね。

原材料の品質や衛生管理にも徹底的に拘っていますので、ドッグフードのDr.ケアワンを食べさせて愛犬の皮膚トラブルの予防に努めてみてください。

あわせて読みたい
Dr.ケアワンの口コミや評判はどう?特徴やメリット! Dr.ケアワンの特徴やメリットをチェック! Dr.ケアワンは、愛犬の健康寿命を支えて少しでも長く元気に過ごせるようにと開発され...

愛犬の皮膚を清潔な状態で保つ

かゆみや湿疹などのトラブルを予防したいのであれば、愛犬の皮膚を清潔な状態で保つ必要があります。

多くの犬は身体が体毛で覆われていますので、皮膚も丈夫そうに見えるでしょう。

しかし、皮膚の層は薄くて非常にデリケートですので、ダニやカビなどの細菌が繁殖しないように以下のケアを毎日の生活で行うべきです。

・ブラッシングを丁寧に行って被毛に付着する汚れを綺麗に落とす
・皮脂が分泌されてベタベタとしてきたら犬専用のシャンプーで洗う
・日差しの強い夏場は1枚服を着せて紫外線から保護する

日々のブラッシングやシャンプーは、愛犬の皮膚を清潔に保つに当たって欠かせません。

とは言え、あまりにもシャンプーで皮膚を洗いすぎていると刺激が加わって皮膚炎を発症する大きな原因となるため、酷く汚れていない限りは1ヵ月に1回~2回の頻度を心掛けましょう。

動物病院を受診する

ドッグフードを変えたりシャンプーで清潔さをキープしたりしても皮膚トラブルが治らない時は、動物病院を受診して専門医の診察を受けるのが一番ですね。

愛犬の皮膚トラブルの予防で馬油やアロマオイルを使っている飼い主さんは多いものの、既にかゆみや炎症が引き起こされている状態で使うと症状が悪化する恐れがあります。

余計に治りにくくなってしまっては全く意味がないので、正しい知識を持つ専門医に相談した方が良い理由はお分かり頂けるでしょう。

愛犬の皮膚トラブルで動物病院を受診すると、次の検査や治療を行います。

・細菌や酵母菌を調べる皮膚押捺塗抹検査や、皮膚内のカビやダニを調べる皮膚掻爬検査
・ゲンタマイシン軟膏やプレドニゾロン軟膏といった外用薬の処方

愛犬の症状に合わせて適切な処置を施してくれますので、一度動物病院に相談してみてください。

まとめ

以上のように、愛犬が皮膚トラブルを引き起こす原因や正しい予防法についてまとめてみました。

良質なドッグフードに変えたり、肌を清潔に保つスキンケアを徹底したりしていれば皮膚トラブルは予防できます。

既に皮膚炎を発症している時は薬を使った治療が必要となりますので、早めに動物病院を受診しましょう。

ドッグフードの人気ランキング

ドッグフードを選ぶ際に絶対知っておきたい情報や人気のランキングなどを掲載してます。