悩み

拾い食いする愛犬は危険!道草中の拾い食いをやめさせる方法

犬を散歩させていると、道端の様々なものをクンクンして歩いて行く仕草がみてとれますが、たまに何か口に入るものを見つけると口に入れようと向かっていくことがあります。

 

気付いて手綱をしめて引き寄せて食べさせないという対応をとるのが通常ですが、よそ見をしていたりして気付かないこともあり、結果として拾い食いをしてしまうことがありました。

 

悪意がある毒が入った食べ物が道端に落ちているということもまれですが実例がありますし、そうでなくても本来犬が食べることができないもの、

例えば玉ねぎなどアリルプロピルジスルフィドという物質が体内に吸収され赤血球を壊すことで、貧血症状が出て、最終的には呼吸困難になってしまうような食べ物なども存在し、人間は普通に食べることができるものであるがゆえに道端に食べかけが捨てられているということも想定されることからすると、拾い食いについては相当注意する必要があります。ではやめさせる方法を見ていきましょう。

 

前提として散歩をする時間帯を食事の時間のすぐ後に設定してやることです。狩猟動物の本能で何か見たら口に入れたくなるというのはあるのですが、ただ、満腹状態であれば少々のものには興味がいかないという傾向も見て取れました。

 

ですのでまずはお腹を満たしてやるということを行いましょう。
その上で基本中の基本である犬のしつけです。

 

現在生後すぐでしつけができていないならばこれから行えばよいでしょうし、ある程度成長していたといしてもしつけをし直すことは可能です。

 

しつけの仕方としては単純で、人間側がとってほしい行動をしたらほめてご褒美をあげ、とってほしくない行動をとったらしかって不快な懲罰を与えるということを繰り返すのです。例えばトレーニングをする際に落ちているものを拾って口に入れたらしかってたたくという行動をとり、口に入れなかったらほめてエサを与えるということを行うのです。

 

これで犬は少なくとも落ちているものを口に入れると痛い目にあうということを認識するでしょう。このようなトレーニングを行ってみた結果、基本的には拾い食いを控えるようにはなりましたが、狩猟動物の本能でどうしても食いついてしまうことがあります。

 

さらに拾い食いを確実にやめさせる方法として採用したのが、口輪をはめることでした。拾い食いがどうしてもおさまらない状況にあるときは、そもそも口を道につけることを防いで、かつ、口が開くのを防いでしまえばできないだろうという発想です。

 

少しかわいそうで見た目もなんだか犬を虐待している感がでてしまうのですが、散歩の際に口に輪をはめてやることで確実に防ぐことができます。

 

かわいそうですが、人間にとっては害がないものでも犬にとっては中毒症状を引き起こしてしまう食べ物があふれている現状においては犬の命も守ってあげるために仕方がない場合もあると思われます。これらの方法を試してみて拾い食いを止めさせてみましょう。