散歩とトイレのワンセット主義は不都合?トイレを家でさせる方法

子供の頃からペットとの生活に憧れていましたので、一人暮らしをする時には絶対に飼おうと決めていました。
念願の一人暮らしが出来る事になったので、ペット可の賃貸住宅を探して引越すと同時に犬と一緒に暮らし始めたのです。
可愛くて仕方なかったのもあり、どんなに忙しくても朝晩の散歩は欠かさずに散歩に出かけていましたので、その際にトイレをしている状態でした。

散歩に行くのは運動になりますしストレス解消にもつながりますので、まったく苦になりません。
犬が喜んで出かける姿が嬉しかったので、充実した毎日を送っていました。
しかしその影響もあってか家では決してトイレをしなかったのですが、家も汚れないし臭いもつかないからそれでもいいだろうと考えていたのですが、それは大きな間違いだったようです。

ある朝起きてみると、急に高熱が出ていて全く布団から出られない状態になってしまいました。
仕方なく会社を休む事にしましたが、外に出る元気もなかったのでおとなしく家で寝る事にしたのです。
当然散歩にも出かける元気がなかったので行かずにいたのですが、トイレの事は気にかかっていました。

さすがに散歩に出かけなければ家でするだろうと考えて寝ていたのですが、いつまでたっても家でする気配がありません。
トイレに行きたそうな感じがわかったので、さすがにこのままではまずいと考えて高熱の状態で少しだけ外に連れ出してトイレをさせたのですが、高熱で倒れるかと思いました。

幸いにも次の日には熱が下がったのでよかったのですが、また今回のような事があればトイレの我慢しすぎで病気になってもいけません。
何とか家でさせるようにしなければと思って訓練をしていく事にしました。
まずはトイレを設置する場所ですが、寝床の近くは良くないと聞いていたので、臭いも気にならない場所と考えると玄関がいいと考えて設置しました。

しかし当然のごとく設置しただけではそこでトイレをしてくれなかったので、どうしようかと考えたのですが、犬にはかわいそうですが、外に連れて出ずにトイレを我慢させてみました。

するとしばらくするとトイレに行きたい感じでもぞもぞし始めたので、設置した玄関に連れて行き、そこでするのを待ってみたのです。
優しく声をかけながら何度か繰り返していると、わかってくれたのがそこでしてくれました。
しばらくしなかったので驚きましたが、そこでこれ以上ない位に褒めてあげて、エサも与えてあげました。

そうすれば次からも褒めてもらいたいと思って、玄関でトイレをするようになるのではないかと考えたからです。
すると次の日も同じくらいの時間帯になると玄関でトイレをしてくれたので、また前日と同じようにたくさん褒めてあげたのです。
そうすることで、散歩に行かれない時は家でしてもいいのだとわかってくれたみたいです。

また高熱が出るような事になりたくはありませんが、何かで行かれない時にも心配しなくてもすむようになりました。


おすすめドッグフードランキング

管理人が食いつき、安全性などを考えて選んだお勧めのドッグフード1位~3位を紹介してます。是非参考にしてみてくださいね。