犬にストレスが溜まっているかを見分けるには?ストレスのサイン

私は小さい頃から犬が大好きで、ずっと犬と一緒の暮らしをしていました。兄弟姉妹がいない1人っ子だったということもあってか、犬が兄弟姉妹であり友達のような関係だったといえます。両親も犬好きで、知り合いの家に子犬が産まれたと聞くと引き取りたいと申し出て、何匹も育てていました。私にとっては犬と一緒の生活が当たり前となっていて、犬がいない生活は考えられません。

犬にとって我が家を快適な空間だと感じてほしいと、両親は郊外に一戸建てを購入して、庭で遊べるようにしたほどでした。しかし、ただかわいがるだけではなく、しっかりとしつけをすることを飼い主として当然の義務として実行していました。そのためにしつけをしてくれるスクールへ通わせたこともあり、そのような両親の考えを私は尊敬していました。ペットとしてではなく同じ家族だと考え、健康状態にも気を配ることを心がけています。

現在一緒に暮らしているオスの柴犬は、とても従順で穏やかな性格で、散歩に出かけた際に他の犬を見かけても吠えたことは一度もありません。相手から喧嘩を吹っかけられても、決してそれに応じることをせず、我関せずといった様子でかわす姿を見ていると大物だと感じてしまいます。常に食欲も旺盛で、好き嫌いをせずに何でも喜んで食べてくれて、手のかからない良い子でした。

しかし、半年ほど前に急に食欲が落ちてしまったことがあり、両親も私もとても不安になっていました。どこか体の調子が良くないのではないかと心配して、すぐにかかりつけの獣医へ行き、様々な検査をしてもらいましたが、結局原因が判明することはなかったです。獣医師の話によると、具体的にどこかが悪いという結果が出なかったため、しばらく様子を見ましょうということでした。それまでに食欲がないといったことがない子だったため、不安な気持ちは消えませんでした。

さらに、家の中で落ち着きがなくなり、同じ場所をぐるぐると歩き回る行動が増えました。落ち着かせようと声を掛けたり、体をさすったりしましたが、なかなか事態は改善しませんでした。ある時父が、食欲の減退や落ち着かない状態はストレスが原因ではないかと言いました。母と私は父のその言葉を聞き、深く納得しました。ずっと体の不調を疑っていましたが、ストレスによって食欲がなくなり、落ち着きをなくしてしまったのではないかと気付きました。私たちは精一杯の気持ちで接していたつもりでしたが、ストレスを感じさせてしまっていたことを申し訳なく思いました。

そして、まず私たちが実行したことは、散歩の時間を長くすることでした。また、いつも同じコースではなく、時にはコースを変えて違う場所まで散歩をすることで、少しでも楽しんでもらいたいと思いました。家の中でも楽しんでもらおうと、一緒に遊ぶ時間を多く設けるようにしました。犬も人間と同様に、大切なのは心身共に健康であることだと痛感して、少しでもストレスを感じることのないように楽しんでもらいたいと心がけています。


おすすめドッグフードランキング

管理人が食いつき、安全性などを考えて選んだお勧めのドッグフード1位~3位を紹介してます。是非参考にしてみてくださいね。