悩み

ドッグフードを残してしまう愛犬のしつけと対処方法

愛犬がどうしてもドックフードを食べてくれない、残してしまうといった時は飼い主にとってとても心配なことになります。
どこか病気なのか、体調が悪いのかといったように悪く感じてしまうけど、普段が元気な状態であるのであれば、そこまで心配する必要はありません。

ドックフードを残す理由はさまざまありますが、その多くは好き嫌いであったり、わがままであったりと犬の気分によるところが大きいです。
また違うものを与えたり、おやつを食べすぎたり等の理由もありますから、しつけをしっかりとすることによって対処することも可能です。

犬派とても頭の良い動物ですからドックフードを食べないにしても何か理由が絶対ありますので、そこを改善させてあげることがポイントです。
無理にドックフードを食べないからといって、犬も仮病を使うことがありますので違う種類にしてしまうといったことはせずに様子見をすることが大切です。
特におやつ等を与えている場合は、ドックフードを食べない方が美味しいものを食べられると記憶してしまっていることが多いのでしつけをしっかりとしましょう。

[aside type=”normal”]もしドックフードが病気や怪我といった体調面ではなく、わがままによる原因で食べない、残す場合は引き下げてしまえば良いでしょう。
それから決まった時間にドックフードを与え続けるようにしまして、また残したらそのまま引き下げることを繰り返してください。[/aside]

もちろんその間におやつを与える等はせずに飼い主は我慢することが大切になりまして、何も食べなかったり、そのまま残したりしてしまうと心配にはなりますが、お腹が空けば自然と食べるようになります。
この時にドックフードの種類を変えるといったことを繰り返してしまいますと、また食べない、残すといった習慣を繰り返してしまう可能性が高いですから気をつけてください。
犬も美味しいものを食べたいという気持ちは当然ありますから贅沢になりすぎないように飼い主がコントロールする必要があります。

また、どうしても嫌いで食べれない、食べ辛いといった時は食べやすくするように工夫してあげるのも良いでしょう。
多くの犬は味覚よりも嗅覚を大事にしていることが多いので、ドックフードの香りはとても大切になりますから温めてあげることによって香りを良くしてあげると良いかもしれません。
ドックフードに40度前後のお湯を少しかけてあげることによって暖かさで香りが立ち、食べやすくなります。
ウェットフードばかり食べる犬もいますが、これはウェットフードの方がドライフードよりも香りがするためであり、ドライフードも同じように香りを目立たせてあげると良いです。

また味そのものに変化をしてあげることによって飽きづらくなりますから、ふりかけを用いるのも有効的です。
ふりかけだけを食べないようにするために混ぜてからあげるようにしたり、ふりかけがないと食べないといったことを防ぐために量を少なめにしたりと工夫しないといけません。

このように愛犬のわがままや好き嫌いによってドックフードを残してしまうといったことが理由として多いですけど、その他の理由によっても残すことはあります。
環境によって一概に言えませんが、毎日の運動量が低下しますとお腹があまり減らず、エネルギーも消耗しませんので散歩することは大切です。
小型犬だと散歩が少なかったり、雨の日が続いたりすることによって運動量が低下しますので散歩はできるだけしてあげましょう。

次に多いのが飼い主のまちがったしつけ、愛情になりまして、おやつを必要以上に食べさせるといった行為になります。
単純にお腹一杯になってしまうだけではなく、おやつに期待してしまってドックフードを食べないといったことに発展してしまいますから愛犬の健康のために飼い主が我慢する必要があります。

体調や環境面の変化によって食欲が下がることも当然ありますので、その時は注意深く様子を見る必要があります。
おかしな様子がないか、元気があるかといったことを観察しておき、おかしいと感じたら動物病院で診てもらいましょう。
時期的な問題もありまして、特にメスの発情期だと食欲が低下したり、老化が始まると消化器官が衰えたりして、食事を食べるスピードや量も低下していきますから状況や年齢に合わせて、与えるドックフードを変えていきましょう。

与えるドックフードを急に変えると食べなくなる、残すといったことがありますが、いきなり変えると警戒してしまいますから少しずつ置き換えして慣らすことが重要です。
同じ種類なのに食べないといった時は保管状況によってドックフードが劣化したり、変質したりしている場合もありますから注意です。

ドックフードの与え方にも注意が必要で長時間の置き餌は犬に今すぐ食べないで良いという意識を与えてしまいますから時間を決めて、引き下げるようにしましょう。

さまざまな原因で愛犬がドックフードを残してしまうことがありますが、しっかりとしたしつけや対処方法があれば食べてくれますので心配する必要はありません。