犬が震える原因は?思わぬ病気が潜んでる事も!

犬が震えている場合、その原因には様々なものが考えられます。ただ寒い、といったものから、中には重大な病気の兆候として現れていることもあります。原因をしっかりと突き止めなければ、思わぬ病気に発展することもあるため注意が必要です。

「寒い」

人間と同様、犬も寒いときには震えることで体温を上昇させようとします。とくに子犬や高齢犬は代謝調整がうまくいかないことが多く、寒さによる震えがよく見られます。また成人犬であっても室内の快適な空間で過ごし過ぎたことで体温調整機能が低下し、外の温度差にうまく対応できず寒がることもあります。

「洋服を着せる、毛布を掛ける」ことで対処はできますが、温かくし過ぎることもストレスとなるため、ほどほどが大事となります。また犬の平均体温「38~39度」に合わせて、普段の部屋の温度調整を見直すことも大切です。

「ストレス・痛み」

車の騒音、掃除機、雷などの大きな音は犬にとって大変なストレスであり、それが原因で震えだすことがあります。また「はじめての道や家、知らない犬と出会った、高所」などの場面で緊張から震える、さらには「以前に危険な目にあった」などのトラウマ体験が原因で震えることも。

犬にも性格があり、どの場面がストレスとなるかは犬によって様々です。たいていは同じ場面を繰り返し体験することで慣れていき、震えの頻度は低下していきます。もし変化がない場合にはできるだけそのような場面は避け、余計なストレスを与えないようにしてあげましょう。どうしても避けられない場面では、犬用の精神安定剤を使用するといった方法もあります。

「筋力低下」

高齢犬になると筋肉量が低下し、十分に体重を支えられなくなり足が震えることがあります。また運動不足によっても筋力低下は起こるため、室内にいることが多い犬などは要注意です。少しでも筋肉を増やすために、「散歩・運動」をしっかりと行うと共に、筋肉をつくる栄養となる「タンパク質」の多い食事をしっかり与えることが大事です。

「中毒症状」

毒性をもった植物や、洗剤や農薬などを口にしてしまった場合、また犬にとっては毒性を示す食べ物「チョコレート・レーズン・玉ねぎ」などによっても中毒症状を起こす場合があります。このようなときは震えだけでなく「よだれを垂らす、嘔吐、下痢」などの症状も出ることが特徴的です。飼い主の方が気を付けていても、他の人が気が付かずに与えてしまうこともあるため、注意となります。

「低血糖」

血糖値が極端に低下すると震えが起き、ときには「下半身がマヒする、意識を失う」などの重い症状がでることもあります。低血糖の場合には震え以外にも「元気がなくなる、運動しなくなる」といった初期症状があらわれるため、これらを同時に観察した場合には一度病院に相談することをおすすめします。空腹の時間が長くなるほど低血糖になりやすくなるため、食事は間を空け過ぎないことが大切です。

「発熱」

発熱により震えることがあります。単純な風邪だけでなく「感染症、肺炎・気管支炎・膀胱炎」などが原因の発熱の場合もあります。震えに発熱を伴っているときには、なにかしらの病気にかかっている可能性が高く、すぐに病院に行くことが大切です。

「てんかん」

この場合は震えではなく、痙攣といった方が良いかもしれません。「てんかん」は脳の神経回路がうまく働かなくなってしまう病気で、日常生活で突然発作が起きて痙攣・発作などの症状があらわれます。定期的な震えがみられる場合には、てんかんによる発作の可能性があります。病院で診断してもらいましょう。

まとめ

なにが原因の震えかを知るには、そのときの「状況」「震え方」をしっかり観察することが大事です。彼らが普段はどのような行動をしてるかを日頃から気にかけておくと、よりすばやく異変を察知できると思います。


おすすめドッグフードランキング

管理人が食いつき、安全性などを考えて選んだお勧めのドッグフード1位~3位を紹介してます。是非参考にしてみてくださいね。