愛犬のアレルギーの対策とおすすめドッグフード

愛犬に引き起こされるアレルギー症状とは?

普段とは違う症状が愛犬に引き起こされた場合、アレルギー症状の可能性があります。

私たち人間やハウスダストで咳込んだり花粉でくしゃみが出たりするように、愛犬も同じように様々な原因でアレルギー症状に繋がりやすいので注意しなければなりません。

犬に引き起こされやすいのはアトピー性皮膚炎やノミアレルギーで、代表的な症状を幾つか挙げてみました。

・身体をかゆがる仕草が多い
・皮膚から白いフケが出ている
・抜け毛が多い(脱毛斑ができている)
・下痢や嘔吐など消化器系のトラブルが出ている
・目の周りや口の周りが赤くなっている
・足の裏や指の間を執拗に舐めている

ただ皮膚をかゆがっているだけだと、「放置しても大丈夫そう」と考える飼い主さんはたくさんいます。

しかし、「皮膚にかゆみが生じる」⇒「掻いたり噛んだりする」⇒「発疹や脱毛に繋がる」と症状は次第に悪化していくため、アレルギー症状が見られたら早めの対策が必要ですね。

愛犬に引き起こされるアレルギーの原因は?

何が原因で愛犬にアレルギーが引き起こされるのか幾つか見ていきましょう。

アトピー性皮膚炎:柴犬やゴールデンレトリバーは遺伝で生まれつきアトピーになりやすく、皮膚の赤みや発疹などの症状が出る
食物性アレルギー:毎日食べているドッグフードに原因があり、目の周りや口の周りに皮膚トラブルが引き起こされやすいのが特徴
ノミアレルギー:外飼いの犬に多く、身体へと寄生しているノミにアレルギー反応を起こして赤い発疹や脱毛などの症状が見られる

「アトピー性皮膚炎」「食物性アレルギー」「ノミアレルギー」の3つが多く、皮膚へと何かしらのトラブルが生じる点では一緒です。

今までは問題なく生活を送ることができていても、季節の変わり目や免疫力の低下で発症するケースもありますので気を付けなければなりませんよ。

愛犬のアレルギーを対策するにはどうすれば良い?

愛犬だけではなく人間にも該当しますが、一度アレルギーを発症すると治すのが難しくなります。

それはアレルギーの原因を特定するのが困難で、アレルゲンを見つけることから始めなければならないのが理由です。

そこで、以下では愛犬のアレルギーを対策するにはどうすれば良いのかまとめてみました。

皮膚が赤く炎症を起こしていたり発疹でかゆくなったりしているのにも関わらず、そのまま放置するのはとても可哀想ですので、飼い主さんが正しい知識を持って対策しましょう。

動物病院へと連れて行って検査を受ける

アレルギーを対策するにはアレルゲンを特定することから始めるのが基本ですので、動物病院へと連れて行って検査を受けるのが一番ですね。

何が原因でアレルギーを発症したのかが分かれば、医師から生活を送る上で適切なアドバイスを受けられます。

病院で実施されている犬のアレルギー検査は次の3つが代表的で、それぞれの特徴を大まかに見ていきましょう。

プリックテスト:皮膚へと出血しない程度の穴をあけ、アレルギーの原因物質を塗布してどんな反応が起こるのか確認する方法
RASTテスト:血中のIgE値を調べる血液検査の一種で、特定のアレルゲンに対してどのくらいの抗体を持っているのか示すIgE値が基準値を超えているとアレルギーを発症しやすい
皮膚押捺(おうなつ)検査:セロハンテープを皮膚の表面へとスタンプし、感染症の原因となるブドウ球菌やマラセチア菌の存在を確認する方法

近年では医療技術の進歩により、比較的簡単に愛犬のアレルギーの原因を調べられるようになりました。

獣医さんだからこそ分かる対策を伺うこともできますので、「早く病院へと連れて行くべきだった・・・」と後悔する前に相談すべきです。

ただし、検査の方法によっては直ぐに分かるわけではなく、結果が出るまでに1週間以上がかかるケースもあると心得ておかなければなりません。

5W1Hを詳しく説明できるようにしておこう

動物病院へと愛犬を連れて行って検査を受ける前に、次の5W1Hを獣医さんへと詳しく説明できるようにメモを取っておくのはとても大事です。

Who(誰が):愛犬の年齢や病歴、普段から食べているドッグフードの種類などのプロフィール
What(何が):愛犬にどのようなアレルギー症状が引き起こされたのか?
Where(どこが):身体や皮膚のどの部分に不快な症状が出ているのか?
When(いつから):愛犬の体調が崩れたのはいつ頃からか?
Why(どうして):なぜ愛犬が不調を起こしたのか?(完全に分からなくても良い)
How(どのように):獣医さんへと診せる前にどんな対策をしたのか?

このメモを獣医さんへと見せれば、やるべきアレルギーの検査を把握しやすくなりますよ。

愛犬のアレルギーは身体をかゆがったりフケが多くなったりと皮膚の疾患が多いものの、原因が分からなければ正しい対策を打てません。

動物病院で検査を受けて直ぐに原因が分かるわけではないので、飼い主さんもできる限りの努力をしてみてください。

多方向からのアプローチでアレルギーの治療を行う

愛犬のアレルギーの症状によっては、アレルゲンを探す検査だけではなく皮膚症状に対する治療も行います。

アレルゲンを特定するまでには長い時間がかかるため、その間に症状が悪化しないようにケアしてあげるべきですね。

アレルギーの治療は次のように多方向からアプローチしなければならず、押さえておきたいポイントを見ていきましょう。

飲み薬でかゆみをコントロールする:私たちとは違って愛犬はかゆみを我慢できずに引っ掻くことが多く、抗ヒスタミン剤やシクロスポリン(免疫抑制剤)といった飲み薬を処方してもらう
外用薬でかゆみを抑える:ワンちゃんの症状によっては内服薬ではなく、スプレータイプやローションタイプのステロイド系外用剤でかゆみを抑えるのが効果的
二次感染を対策する:ブドウ球菌やマラセチア菌の増殖による二次感染を防ぐために、抗生物質や抗真菌剤を投与したり保湿によるスキンケアを行ったりする
栄養管理を徹底する:食物性アレルギーがかゆみの原因ではなくても、皮膚の健康を守るために抗酸化作用の高いビタミン類やアレルギーに効果的なオメガ脂肪酸3を毎日の食事で与える

自分勝手な判断で内服薬や外用薬を使わない方が良いので、医師の指示やアドバイスをしっかりと聞く必要があります。

アレルゲンとなる食材が使われたドッグフードを避ける

完全に見極めるのは難しいのですが、アレルゲンとなる食材が使われたドッグフードを避けるのは効果的な対策です。

遺伝によるアトピー性皮膚炎ではなく、普段から食べているドッグフードに問題があって皮膚のかゆみや発疹などの症状を起こしているワンちゃんもいます。

食物性アレルギーかどうか調べる方法が除去食試験で、どのような流れで行われるのかまとめてみました。

①低アレルゲンフードと水だけを愛犬に2ヵ月間に渡って与える
②低アレルゲンフードは新奇タンパク食とアミノ酸食の2つ
③終了時に皮膚のかゆみを評価する

この除去食試験を行っても皮膚にかゆみが残り、引っ掻くような仕草が見られた場合はアトピー性皮膚炎の可能性が高まります。

「3歳以下で発症する」「室内で飼育している」「グルココルチコイド製剤に反応する」「前肢に症状がある」など、アトピー性皮膚炎のガイドラインには幾つかの診断基準があり、8項目のうち5項目以上を満たすとアトピーだと判断できる仕組みです。

アトピー性皮膚炎ではない場合は、次の食材でアレルギー反応を引き起こしている可能性が高まります。

・牛肉
・乳製品
・鶏肉
・小麦
・鶏卵
・トウモロコシ

牛肉が主原料のドッグフードを食べさせていたのであれば、チキンのドッグフードに変えるなどの対策を行いましょう。

食物アレルゲンを特定するまでには長い時間がかかりますが、愛犬のためにもアレルギー症状が引き起こされにくいドッグフードを探すのは大事ですね。

部屋の中の大掃除を行う

室内飼いのワンちゃんは、ダニやハウスダストが引き金となってアレルギー症状を起こすことが多くなっています。

病院でアレルゲンを特定できても部屋の中が汚いと再発の恐れがありますので、大掃除をして清潔な空間を提供しなければなりません。

もちろん、ハウスダストを完全に遮断するのは不可能でも、部屋の中が少しでも綺麗になれば愛犬がアレルゲンと触れ合わずに済みます。

それでも不安な方は、部屋の中の大掃除に加えて空気中のアレルゲンをキャッチして排除してくれる空気清浄機の使用がおすすめです。

以下では、空気清浄機の選び方や使い方で押さえておきたいポイントを幾つか挙げてみました。

・「何畳~何畳まで対応」というのを目安に大きめのサイズを選ぶ
・肌の乾燥を防ぐために加湿機能付きの製品を選ぶ
・ペットの部屋だけではなく寝室にも設置する

愛犬の皮膚トラブルの対策だけではなく、飼い主さんのアトピーや喘息の症状の予防にも繋がります。

現在では量販店やネット通販で多機能付きの優れた空気清浄機が販売されていますので、自分の部屋のサイズに合う製品を購入して綺麗な空間を作ってあげてください。

愛犬の身体を清潔に保って皮膚のバリア機能を強化する

日頃から愛犬の身体を清潔に保ったり、皮膚のバリア機能を強化する対策を行ったりしていれば、アレルゲンに負けにくい状態をキープできます。

アトピー性皮膚炎でも食物性アレルギーでも、皮膚が乾燥していると外部からの刺激を受けやすくなりますので注意しなければなりません。

そこで、愛犬の皮膚を健康に保つためにどんな対策を行えば良いのか見ていきましょう。

・小まめにシャンプーをしてアレルゲンを洗い流し、皮膚を清潔な状態にしておく
・皮膚が乾燥しやすいワンちゃんの場合は保湿力の高いシャンプーを使う
・お湯の温度を低くしたり仕上げのすすぎを念入りに行ったりする

肌が汚れたり乾燥したりしていると皮膚のバリア機能が低下し、かゆみや発疹などのトラブルが起こりやすくなりますよ。

これは私たちの肌を全く一緒ですので、日頃から念入りなスキンケアを行うべきです。

しかし、皮膚が酷く炎症を起こしている状態でシャンプーをすると症状が逆に悪化しやすいため、詳細はかかりつけの獣医師さんへと相談して適切なアドバイスをもらいましょう。

愛犬のアレルギー対策におすすめのドッグフードは?

愛犬のアレルギー対策を行うに当たり、ドッグフードの選び方は重要なポイントと言っても過言ではありません。

アトピー性皮膚炎ではない場合は食物性アレルギーの可能性が非常に高く、皮膚トラブルが引き起こされにくいドッグフードを愛犬へと与えるべきですね。

「どんなドッグフードを選べば良いの?」と悩んでいる飼い主さんには、カナガンドッグフードをおすすめします。

カナガンドッグフードはイギリス最高級のプレミアムドッグフードで、アレルギーのリスクが少ない穀物不使用のグレインフリーなのが大きな特徴です。

グレインフリーのカナガンドッグフードには、次のように食物アレルギーの原因となり得る穀物が一切使われていません。

・トウモロコシ
・小麦
・大豆
・大麦

「穀物は犬が絶対に食べてはいけない食材」というわけではありませんが、人間とは違って穀物の消化がしづらい身体となっています。

そのため、あまりにも過剰に穀物を摂取していると、皮膚のかゆみや下痢などのアレルギー症状を引き起こしやすく、現在ではグレインフリーのフードが注目を集めました。

ドラッグストアやディスカウントショップで販売されている市販のドッグフードと、カナガンドッグフードにどんな違いがあるのか見ていきましょう。

市販のドッグフード⇒カサ増しの目的で穀物類が使われているケースが多い
カナガンドッグフード⇒穀物不使用でチキンやサツマイモなど消化しやすい原材料を使っている

チキン(鶏肉)にも少なからずアレルギーのリスクはあるものの、穀物と比較すれば安全性は高くなっています。

「ドッグフードを食べても吐く」「下痢の症状が長期間に渡って続いている」「湿疹や皮膚病が治りにくい」といったワンちゃんは穀物を含むドッグフードに原因が潜んでいる可能性が高いので、カナガンドッグフードを食べさせてみてください。

まとめ

以上のように、愛犬のアレルギーを対策するには「病院で検査を受ける」「与えるドッグフードの種類を見直す」「部屋の掃除を行う」などたくさんの方法があります。

アレルギーの種類によっては全身に症状が出てショックを起こすアナフィラキシーに繋がるリスクもあり、最悪の場合は命を落としかねないので注意しなければなりません。

「ただの皮膚トラブル」と甘く見てはいけない症状なのは間違いないので、かかりつけの獣医師さんへと相談して愛犬に合う対策を日々の生活の中で続けましょう。


おすすめドッグフードランキング

管理人が食いつき、安全性などを考えて選んだお勧めのドッグフード1位~3位を紹介してます。是非参考にしてみてくださいね。