ドッグフードで犬の涙やけと皮膚の疾患を改善

犬の涙やけは、涙で目の周囲の毛が茶色く変色してしまう状態で流涙症とも呼ばれます。

常に涙で目の周りの毛が濡れているため雑菌も繁殖しやすく、皮膚炎を引き起こすこともあり、悪化すると目の周りにかさぶたができて出血したり、膿がたまってしまうこともあるのです。

犬の涙には目を守る働きもあり、目の表面をうるおいを与え乾燥を防いでいるのです。通常であれば涙は鼻涙官を通って喉に流れますが、鼻涙官が何らかの原因で詰まったり通りが悪いと、アルカリ性の涙があふれ出して、目の周囲の毛が脱色されてしてしまうのです。

犬の種類によって涙やけを発症しやすい犬種があり、ブルドッグ、シーズー、マルチーズ、パグ、プードル、チワワなど、目が大きく鼻が短い犬種に多くみられます。鼻が短かいと、目と鼻の距離が近いため鼻涙官があふれやすく、生まれつき涙小官が細い、先天的な体質が原因の場合もあるのです。そして目が大きいとゴミが入りやすく、睫毛がまぶたの内側に入ってしまう逆さまつげなどで眼球が刺激をうけると、涙が大量に流れてしまうのです。涙やけは放置しておくと、皮膚疾患の原因にもなってしまいます。こまめに拭いてあげれば大丈夫と自己判断せずに、獣医師の診察を受けて原因を特定しましょう。涙やけの原因には鼻涙官の細さや長さ、そしてアレルギーなど先天的な体質。逆さまつげやまぶたが内側に反り返る疾患など、様々な原因がありますが治療することで、涙やけが改善できる場合も多いのです。

逆さまつげは手術で除去することができるし、鼻涙官が詰まって閉塞を起こしている場合は、詰まりを洗浄することもできます。完全に閉塞している場合や目から鼻に涙が抜ける穴がない無孔涙点の場合には、外科手術で治療することができるのです。獣医師に、生まれつきの体質や疾患などがない診断された場合には、原因は飼育環境にあるということになります。日常的にできるケアは、1日に数回、目の周囲を拭いて清潔に保つこと。

そして、目から鼻にかけて通っている鼻涙官の部分を指でマッサージしてあげることで、症状を和らげることができます。そして、毎日あたえるドッグフードを見直してみましょう。アレルギーが原因であれば、ドッグフードを変えることで、症状を引き起こしているアレルゲンを断つことができるのです。品質が良くないドッグフードは、主成分の動物性タンパク質の質が悪く、犬の食事に適さない穀類や質の悪い油脂、体に負担をかける人工添加物が多く含まれているため消化吸収率が悪いのです。老廃物や質の悪いタンパク質は、鼻涙官を詰まらせる原因になることもあるのです。

良質の動物性たんぱく質の含有率が高い品質が良いドッグフードは、消化吸収率が高いため、犬の体質を改善する効果も期待できるのです。そして水分をたっぷり与えることと、老廃物をスムーズに排出させるために、おしっこを我慢させないように、毎日の生活習慣を気をつけてあげましょう。涙やけの原因は1つではなく、複合的な原因で引き起こされる場合がほとんどです。何らかの疾患が原因であれば治療が必要になりますが、環境であれば飼い主が変えることで改善できるのです。


おすすめドッグフードランキング

管理人が食いつき、安全性などを考えて選んだお勧めのドッグフード1位~3位を紹介してます。是非参考にしてみてくださいね。