悩み

犬が吐く?対策と原因

犬は人間と比べるとよく吐く動物と言えるでしょう。食べすぎたり、飲み過ぎたり、おなかがすきすぎていたり、拾い食い、車酔いなどの様々な原因によって嘔吐することが見られます。吐くことによって気分がすっきりするので、吐いた後は元気に活動していることが多いのですが、もしも慢性的に吐くことを繰り返したり、ぐったりして元気がない場合には、重大な病気が隠れている可能性もあるでしょう。犬が吐いてしまったときに、病院に連れて行った方がよいのかどうかは、なかなか悩むところでしょう。

そもそも嘔吐とは、胃の中にある内容物が食道を通って口から吐き出されることを指しています。食べ物が完全に胃の中に入る前に吐き出される吐出とは、また異なります。吐出の場合には消化できていないものを食べた後すぐに力強く吐くという特徴があります。この場合はのどや食道に問題があるといえるでしょう。
嘔吐の症状としては、気持ち悪そうにしていたり、舌なめずりをしていたり、おなかを上下させるようなしぐさを見せて、下を向いて吐き出します。嘔吐したものは消化途中のものであったり、空腹時で胃の中に何もないときには、胃液などが吐き出されることが多いでしょう。

嘔吐は、異物を外に排出するための防御反応であるため、おなかをこわしてしまったのか、変なものを食べてしまったのかと考えがちです。しかしすべての原因が、このような単純な原因ではありません。原因が明らかなものもあれば、胃や腸、そして全身の病気などにより起こる可能性もあります。

もしも早朝に黄色や白の泡を吐く場合には、夜間の空腹が原因で起こっている可能性があります。吐く以外に他に症状はなく、元気で食欲もあるという特徴があります。このような症状がおこる原因は明確には明らかにされていませんが、この場合の対処法としては、空腹対策を行うことが大切です。空腹時間を短くするために、寝る前に食事を取らせるなどの工夫をすることによって、この症状はなくなることがほとんどです。しかし対策を行っても、それでも嘔吐が続くようであれば、獣医師に相談した方がよいでしょう。

次に草を食べて嘔吐する症状です。散歩中などには草を食べてしまう犬もいるでしょう。特に雑草の中でも細長い草を好んで食べることが多く見られます。なぜこの草を好むのかということはわかっていませんが、胸やけがするので吐くために食べていたり、草を食べることで繊維質を摂取しようとしている、特別な栄養素を摂取しようとしているなどの、様々な考え方があります。しかし草が下痢の原因になったり、草によっては農薬やほかの犬の糞尿に汚染されている可能性もあるので、なるべく食べさせない方がよいと言えるでしょう。

嘔吐した場合にも、しばらく様子を見てもよいものと、すぐに動物病院に連れていくべきものの二つに分かれます。もしも原因が分かっていて、それを排除することによって症状が改善されるのであれば、しばらく様子を見てもよいでしょう。具体的には、吐いた理由が明確であり、犬が元気に過ごしていて、ほかの症状がなく、連続的に吐くことがなければ、家でしばらく様子を見てもよいでしょう。

そして吐いた原因をすぐにとりのぞくことができなかったり、大きな病気やトラブルの可能性があるものに関しては、すぐに動物病院に連れていく必要があるでしょう。例えば元気がなくぐったりしていたり、下痢を伴っている、発熱しているなどの症状は、あまりいい状態とは言えません。また嘔吐とともに、けいれんしたり、よだれを垂らす、呼吸がおかしいなどの別の症状がみられることも危険です。嘔吐したものは、大きなヒントになることでしょう。嘔吐物に血が混ざっていたり、嘔吐物から便のようなにおいがする場合には、すぐに獣医師に見せるようにしましょう。嘔吐物は治療するための大きなヒントとなるものなので、すぐに処分するのではなく、吐瀉物をティッシュなどに包んでビニール袋に入れて病院に持って行くようにしましょう。

嘔吐した後は、その時の状況によっても異なりますが、半日から1日ほどは、水も食事も与えずに様子を見るようにしましょう。嘔吐が止まったことが確認できたら、少しずつ水分を与えて、それでもはかないことが確認できたら、少しずつ水分の量も増やしていきましょう。水を飲んでも吐かずに落ち着いているようであれば、今度は少しずつ食事を与えていきます。最初はほんの少量を与え、問題がなければ少しずつ量を増やしていきましょう。その後問題がなかったとしても、2、3日は一度にたくさん与えることは避けて、1日分の量を4回ぐらいにわけて与えるようにしましょう。

嘔吐の原因は、人間と同じように犬にも様々な理由があります。嘔吐している時やその後の様子を見て、少しでも不安なことがある場合には、自己判断で放置するのではなく、すぐにかかりつけの動物病院に相談するようにしましょう。また嘔吐したことで初めて病気に気づいたということがないように、毎年一回は必ず定期検診を受けて、健康を維持していくようにしましょう。