太りすぎてしまった愛犬におすすめのダイエット方法

まず前提として理解しておかなければならないのは「太らせているのは飼い主」であるということです。犬は人間のように自分の体型に危機感を覚えることはありません。また与えられたエサやおやつを食べているだけなので自分で食事をコントロールすることもできないのです。つまり飼い主が可愛がっておやつや高カロリーなドッグフードをたくさんあげればあげるほど犬はぶくぶくと太っていってしまうのです。そう考えると犬に何かをさせて痩せさせるというよりは飼い主がきちんと管理をしてあげることが大切です。
では実際にどのようにしてダイエットをさせてあげればよいのでしょうか、その方法をいくつか紹介していきます。

人間の食べ物を与えない

人間が食べるものというのは犬にとっては塩分や脂分が強い傾向にあります。そのため求めるままに与えていてはあっという間に太ってしまいますし、更には健康を害する要因にもなります。人間が食べても平気なものであっても犬にとっては命の危機にもなり得るほど危険なものがあります。そのため人間が食べるものと犬が食べるものをきちんと区別して与えるということが大切です。人間が食べているものに興味を持つからと犬のせいにしてはなりません。慣れるまでは犬が吠えて怒ってくるかもしれませんが、ここは心を鬼にして我慢させましょう。

エサの量を減らす

市販のドッグフードには犬種別・体重別にエサの量が書かれていますが、それはあくまで目安にすぎません。自分の愛犬にとってその目安が最適なものだとは限らないということです。もしかしたら普段の量が多いのかもしれないと思ったら少しだけ減らしてみるようにしましょう。思いのほか犬は満足してくれるかもしれません。そうして様子を見ながらエサの量を調整していきます。もしもエサの量が分からなければ獣医さんに相談をしてみるというのも良いでしょう。
犬は1回の食事の量よりも、食べ物をもらえる頻度が多い方が喜びを感じる場合があります。そのため1回の食事量を減らし、1日2食だったのを3食に増やすなどの工夫を行えば犬にとってもストレスになりにくいでしょう。

おやつに工夫をする

おやつというのはあくまで栄養面の補助的なものです。まったくおやつがないまま生活をしている犬もたくさんいるのでなくても健康を害することはありません。愛犬を可愛がる故についおやつを与えすぎてしまっているというのが太る原因としてあげられますので、まずはどれくらいの頻度でどれくらいの量のおやつをあげているのかを見直してみましょう。今までおやつがあって当たり前だった犬にとって、突然おやつがなくなると吠えて怒ってくることがあるので、まずは少しずつおやつの量と回数を減らしていき慣らしてあげるようにします。また市販のおやつではなく茹でた人参やキャベツなど、ヘルシーなものに変えてあげましょう。物足りないのではと思うかもしれませんが、犬は意外とこういったヘルシーなものが好きなのです。

体を動かす

毎日散歩をするのが当たり前なのですが、その回数や距離、時間を少し工夫してみましょう。運動量が多いほどエネルギーの消費量が多いのは人間も犬も同じです。犬にとっては大好きなご主人様とたくさん散歩ができて嬉しいでしょうから、ストレスを与える事なくダイエットをすることができます。太ると出不精になってしまう犬もいますが、その場合にはあまり無理をせず少しずつでいいので散歩をさせるようにしましょう。
また時間に余裕があるときにはいつもとは違う散歩コースを歩いてみるというのも良いでしょう。犬にとっては見慣れない景色なので興奮しやすく、いつもよりもはしゃいで体を動かすようになります。広い場所であればオモチャを使って遊んであげるというのも効果的です。飼い主がすべきは「楽しませながら体を動かすことができるよう工夫をする」ということです。

ダイエットですべきことは人間も犬も同じです。日頃の食生活を見直し、運動をするように心がけるというこの2つが基礎となります。犬にもそれぞれ個性がありすんなりとダイエットに成功する犬もいれば、なかなか散歩にも行こうとせずおやつを減らせば狂ったように怒り出してなかなかうまくダイエットが進まないという犬もいるでしょう。

しかしこれはすべて飼い主の責任です。言うことを聞かない苛立ちから犬を叱るのではなく、こういった事態を招いた自分の行動に反省をすべきなのです。
スムーズにダイエットができるように心がけるべきは、犬に無理をさせないということです。エサの量を減らしたり運動をさせたりというのも少しずつでいいのです。急に生活スタイルを変えると犬にとっては大きなストレスになってしまう可能性があります。とは言えこのまま太り続けると犬も腰を痛めてしまったり、病気を患ってしまう可能性があるので健康のためにもダイエットは必ず実行し、愛犬が元気で長生きができるよう飼い主がきちんと管理をしてあげましょう。


おすすめドッグフードランキング

管理人が食いつき、安全性などを考えて選んだお勧めのドッグフード1位~3位を紹介してます。是非参考にしてみてくださいね。