ドッグフード

犬が絶対に食べてはいけない危険な食べ物は?

人間にとっては身近でも犬には危険な食べ物はたくさんあるので、飼い主は誤って食べさせないように注意しなければなりません。

 

玉ねぎや青ネギ、にんにくなどのネギ類はアリルプロピルジスルフィドという有機硫黄化合物を含んでいます。

この成分は赤血球のヘモグロビンを酸化させて酸素と結合する働きを低下させることで溶血性貧血症を引き起こします。

 

玉ねぎを食べて元気がなくなったり血尿が出たりすることを玉ねぎ中毒と呼びます。血尿は酸化して赤血球から出てしまったヘモグロビンによるもので、玉ねぎを食べてから数日後に激しい嘔吐や下痢をすることもあります。

 

ヘモグロビンは黄色い色素の原料でもあり、黄疸の症状が出ていると重度の玉ねぎ中毒になっていると考えられます。

 

 

甘くて美味しいチョコレートも犬にとっては毒となります。チョコレートに含まれるテオブロミンを代謝するのが遅く、人間よりも心臓や中枢神経に影響が及んで嘔吐や下痢、突然死などを引き起こします。特にテオブロミンの含有量が多いダークチョコレートは、3分の2枚食べただけでも体が小さい種類ならば中毒症状の可能性が高くなります。一般的に突然死すると予想される量より少ないチョコレートを食べさせて死に至ったというケースもあるため、体の大きさに関係なくチョコレートは一口も食べさせないのが安心です。

 

レーズンを食べて死亡したダルメシアンがきっかけで危険と判明したのがブドウで、急性腎不全を引き起こします。ブドウを食べて2時間~3時間で排尿障害が起こり、普段よりもたくさん水を飲むようになります。腎臓が痛み出すため背中を丸める行為を確認する飼い主もいます。ブドウのどの成分が原因なのかは分かっておらず、ブドウにまだ発見されていない毒素がある、殺虫剤などの汚染が原因など様々な説が立てられています。皮ごと食べる方が重篤な症状を見せるため、皮ごと使っているレーズンの方が危険です。飼い主のレーズンパンを盗み食いして中毒症状になるなど、直接与えなくても口にする機会が多いので届かない場所に保管します。

 

アボカドの皮や実、種などあらゆる部分に含まれるペルジンは下痢や嘔吐の原因です。品種によりペルジンの含有量は異なり、日本のスーパーで売られるグアテマラ種はとても多く含まれています。危険な成分を含んでいますが、アメリカのドッグフードの中にはアボカドを使ったものがあります。製造業者の言い分によると、カリフォルニアでは庭に成っているアボカドを犬が食べるのは普通だから問題ないということです。カリフォルニアに自生するアボカドはペルジンの含有量が比較的少ないので、与えても深刻な中毒の原因にならないの考えられています。アボカドはビタミンEといった良質な脂質を含むので健康に良い側面もありますが、安全と主張するドッグフードでもアボカド入りを与えて調子が悪そうだったら与えるのを中止します。

 

タコやイカは特に生の状態だと消化に悪いので与えないのが良いです。またチアミナーゼという成分がビタミンB1を破壊し、炭水化物をエネルギーに変換するのを阻害します。犬はビタミンB1を貯蔵しにくく毎日摂取しなければならない大切な栄養素なので、タコやイカを与えてビタミンB1不足に陥らせるのは効果的ではありません。たこ焼きに入っている小さな物でも消化不良の原因にはなるため、少しくらい食べさせても大丈夫という気持ちは捨てます。

 

犬はずっと昔の野生で暮らすのが当然だった頃は狩りをして生肉を食らっていました。動物性タンパク質を中心に体が作られており、それは現在も変わらないので良質な動物性タンパク質を摂取させることが大切です。しかし生肉は危険な食べ物となりうるので慎重に扱う必要があります。特に避けたいのが生の豚肉です。豚肉にはビタミンB群はたくさん含まれており貴重な栄養源ですが、他の肉と比べると寄生虫が住み着きやすいとされます。寄生虫の種類によっては命を落とすので、豚肉は必ず加熱処理させて雑菌や細菌も除去してから食べさせます。

 

十分に加熱処理しても豚肉にアレルギーを持っていればぐったりしたり吐いたりと体調を崩すので、最初は少量与えて様子を見ます。もし危険な食べ物により中毒症状が出たならば、飼い主が家でしてあげられることは何もないのですぐに動物病院に行きます。いつどの食べ物をどのくらい食べたのかを獣医師に伝え、症状のレベルを判断してもらいます。目を離した隙に食べたのならばいつまで元気だったかを伝えれば良いです。食べてから時間がそれほど経っていない時は胃の中から毒物を取り出すために吐かせます。

 

素人が無理やり吐かせようとすると、朦朧とした意識の中で吐瀉物を詰まらせる恐れがあるので獣医師が行います。時間が経って消化まで終わっている時は毒素が体内を巡ってさらに症状を悪化させないように点滴で毒素を薄めるので、これも獣医師に任せます。

ドッグフードの人気ランキング

ドッグフードを選ぶ際に絶対知っておきたい情報や人気のランキングなどを掲載してます。