ドッグフード

添加物入りのドッグフードは危険?無添加を勧める理由

日本では犬を飼っている家庭が多く、ドッグフードも様々なタイプの製品が販売されています。
ここ数年で人気が高まっているのが無添加ドッグフードです。
添加物が入っていると、犬の健康に悪影響が及ぶことがあります。
ドッグフードを購入する場合は、着色料や保存料、酸化防止剤などの添加物が入っていないか確認することが大事です。
ドッグフードの選び方は飼い主によって違いますが、日本では100%無添加でグレインフリーの製品が人気を集めています。
新鮮な肉や魚を原料とした栄養バランスの良いドッグフードは、口コミサイトでも高い評価を受けています。
最近は人間と同様に食物アレルギーで悩む犬が増え、心配して獣医に相談する人も多いです。
食物アレルギーの原因のひとつが添加物です。アレルギーが体に出た場合は、薬で症状を抑える対症療法だけでなく食生活の見直しも必要になります。

 

愛犬が本来の健康を取り戻すためには、自然な素材にこだわって製造された無添加のドッグフードが役立ちます。
犬が必要としている栄養を自然素材だけで摂取できるドッグフードが理想です。
犬の健康を守るにはタンパク質やビタミン、ミネラルなど多くの栄養素が必要になります。
タンパク質は体の調子を整えますが、体内に蓄積するため過剰摂取には注意します。
ビタミンやミネラルは体の調子を整える重要な栄養素です。

 

脂質は体温を調節し、脂溶性ビタミンを運搬します。体の約7割が水分なので、新鮮な水を与えてあげることも大事です。
犬にとって炭水化物は主食ではないので、できるだけ低く抑えます。
ネットショップではドッグフードの種類が増え、どのドッグフードを選んだらよいか迷う人も多くなっています。
愛犬にとって最も適したフードを見極めて与えることは、飼い主にとって重要なことです。
毎日犬が食べるフードは、体のコンディションに直接影響を与えます。
フードを選ぶ場合は、まずパッケージの表示を丁寧にチェックします。使っている原材料を見て、体に悪い添加物が入っていないか確かめます。

 

昔から犬が求めている栄養素は同じです。人工添加物を使用せず、犬が本来必要としている栄養を無理なく摂取できる無添加ドッグフードを選ぶと犬の健康をサポートすることができます。
犬の種類やライフステージに合わせて様々な種類のドッグフードが販売されていますが、原材料を見ると犬種やライフステージに合っていない製品もあります。

 

世界的に人気が高いドッグフードは、あらゆる犬種やライフステージに適した栄養バランスを実現しています。
小粒タイプの製品だと、小さな犬でも食べやすいです。
犬が偏食で困っている飼い主やフードを食べないので心配している飼い主もいますが、そのような場合はフードを変えることで問題が解決することがあります。

 

犬が喜んで食べてくれるかも、ドッグフード選びでは重要です。
最近は、自宅で犬用のフードを手作りする人も増えていますが、正しい知識を持って作らないと犬の健康を害してしまうことにもなります。

 

理想的な栄養バランスで犬用のフードを手作りするには、時間と手間がかかります。市販されている良質なドッグフードであれば、新鮮な原料を使って栄養バランスを考えて作られているので安心です。
新鮮で質の良いドッグフードを食べていれば、毎日必要な栄養素を摂取することができます。
ドライフードは保管もしやすく、飼い主の負担も軽減されます。犬がフードをよく噛むことで歯石予防にもなります。
グレインフリーのドッグフードが人気を集めていますが、グレインフリーとは穀物不使用という意味です。
小麦やトウモロコシなどの穀物は、犬のアレルギーを起こしやすいと考えられています。
もともと犬は肉食動物で、穀物を消化することが難しいです。犬の唾液には炭水化物を分解する酵素が含まれていないのに、安いフードの中には小麦やトウモロコシを配合したものがあります。

 

穀物不使用のドッグフードの中でも、原材料に気を配り効率よく栄養を摂取できる製品が売れています。
日本でも人気が高いイギリスの高級ドッグフードは、グレインフリーに加えて、原材料がすべて高品質です。
人間でも食べられるくらい新鮮で高品質の原材料を使っているので、愛犬の健康を強力にサポートします。
チキンはストレスをかけずに育てられた高級な鶏肉を使っています。チキンは良質なタンパク質が豊富で、ビタミンやリンも含まれています。低カロリーでヘルシーなので人気がある素材のひとつです。

野菜や果物ではニンジンやジャガイモ、リンゴがよく使われています。
ニンジンにはビタミンAやビタミンCが多く、リンゴはビタミンCや食物繊維を豊富に含んでいます。
ジャガイモはアレルギーが低く品質が高いタンパク源として有名で、健康に良いオメガ3脂肪酸も含まれます。
ビタミンCやマグネシウム、カリウムも摂取できるので、多くのドッグフードに配合されています。