ドッグフード

グレインフリーのドッグフードのメリット!おすすめの製品は?

グレインフリーのドッグフードのメリットとは?

近年では愛犬の健康を考えて、グレインフリーのドッグフードを選ぶ飼い主さんが増えました。

グレインフリーとは穀物不使用のことを指し、次の原材料が使われていません。

・小麦
・大麦
・トウモロコシ
・米
・大豆
・玄米

どれも私たち人間にとって必要な栄養素を含む食材ですので、「愛犬に与えても良いのでは?」と考えている方は多いですよね。

しかし、ワンちゃんの身体には穀物は不要なため、高品質なプレミアムドッグフードの多くはグレインフリーとなっています。

以下ではグレインフリーのドッグフードを食べさせるメリットを幾つか挙げていますので、選び方で迷っている方は一度チェックしておきましょう。

消化性が非常に高い

小麦やトウモロコシといった穀物が入っているフードと比較し、グレインフリーのドッグフードには消化性が非常に高いメリットがあります。

犬は一般的に穀物の消化が苦手で、その理由を簡単にまとめてみました。

①犬の唾液の中にはデンプンを分解するアミラーゼが入っていない
②穀物の中に含まれているデンプンを上手く分解できない
③穀物を含むドッグフードを食べさせると消化吸収が上手く行われない

ほぼ体内で消化されないまま十二指腸まで穀物が到達すると、胃や腸への負担は必然的に大きくなります。

一方でグレインフリーのドッグフードの中にはデンプンは含まれていないため、愛犬の身体へと大きな負担が加わることはありません。

消化が悪ければ効率の良い栄養分とは言えないので、愛犬の身体に優しいドッグフードを探しているのであればグレインフリーが適していますよ。

アレルギー症状のリスクが低い

特別な病気を患っていなくても、毎日食べているドッグフードが引き金となって愛犬がアレルギー症状を引き起こすケースは少なくありません。

不快な症状が見られる場合は食物アレルギーの可能性が高く、次の症状が出た場合は注意が必要です。

・皮膚が炎症を起こして赤くなっている
・目が赤く充血している
・身体をかゆがる
・フケが大量に出ている
・抜け毛が増えて脱毛が起こる
・頻繁に下痢や嘔吐を起こす
・顔や耳の内側が赤くなっている

愛犬によってアレルゲンとなる物質には違いがあるものの、穀物類の中に入っているタンパク質はアレルギーの原因になりやすいと考えられています。

小麦アレルギーを持つワンちゃんは意外と多く、中でもダックスフントやチワワ、フレンチブルドックに多いですね。

しかし、原材料の中に穀物が入っていないグレインフリーのドッグフードであれば、愛犬のアレルギーの発症を未然に予防できます。

牛肉やチキンもアレルギーの原因となりますので一概には説明できませんが、「湿疹や皮膚病が治りにくい」「ドッグフードを与えても吐く」といった症状が見られた場合は、グレインフリーのフードへと切り替えてみてはいかがでしょうか。

肥満を未然に予防できる

グレインフリーのドッグフードは穀物類を含むフードと異なり、肥満を未然に予防できます。

愛犬が太っているのか痩せているのかの判断はBCS(ボディ・コンディション・スコア)が役立ち、見た目と触った感触で次の5段階に分けるのが特徴です。

BCS1:痩せ過ぎ(筋肉が痩せ細って骨と皮だけの状態になっている)
BCS2:痩せている(皮下脂肪や筋肉はあるが腹部のくびれが細い)
BCS3:標準(適度な皮下脂肪に覆われていて筋肉が発達している)
BCS4:体重過剰(分厚い皮下脂肪に覆われていて腹部に締まりがない)
BCS5:肥満(非常に厚い脂肪に覆われていて腹部や首回りのぜい肉が多い)

肥満と診断されたのにも関わらず何も対策をしていないと、私たち人間と同じように生活習慣病のリスクが高くなりますので気を付けなければなりません。

そんな時に役立つのがグレインフリーのドッグフードで、穀物を含むフードを毎日のように与えていると次の弊害があります。

  1. 穀物類は体内で分解されると砂糖と同じ糖質へと変化する
  2. 体内で血糖値が急上昇し、インスリンの分泌量が増える
  3. 血糖値を下げるホルモンのインスリンは脂肪をエネルギーとして貯め込む
  4. 血糖値が上がって太りやすい体質へと変化する

穀物を含むドッグフードを目安量を超えて食べさせていると、ブクブクと愛犬が太ってしまうわけですね。

痩せてもいない太ってもいない標準の体重をキープするのがベストですので、体重管理を考えている飼い主さんはグレインフリーのドッグフードを選んでみましょう。

グレインフリーのドッグフードでおすすめの製品は?

グレインフリーのドッグフードと一口に言っても、現在では様々なメーカーから製品が登場しています。

あまりにも種類が多いため、次の悩みを抱えている飼い主さんは少なくありません。

・どのグレインフリーのドッグフードを選べば良いのか分からない
・グレインフリー以外の基準で迷っている

こんな人のために、以下ではグレインフリーのドッグフードの中でもおすすめの製品を幾つか挙げてみました。

どの製品の中にも小麦やトウモロコシなどの原材料は含まれていないので、選び方の参考にしてみてください。

モグワンドッグフード

モグワンドッグフードはグレインフリーを意識したプレミアムドッグフードです。

イギリスで開発されてから人気が出て、現在ではネット通販で購入する飼い主さんが増えています。

モグワンドッグフードは穀物不使用なのに加えてたくさんのメリットがあり、他の製品とは違った特徴を幾つか見ていきましょう。

・満足のいく食いつきを目指して開発された(試食会では97.8%のワンちゃんが食べたデータがある)
・愛犬の健康に欠かせない動物性タンパク質が50%以上も含まれている
・トマトやアスパラガス、リンゴやクランベリーなどの食材をブレンドしてヘルシーに仕上げている
・全て人間が食べられるヒューマングレードの原材料で、ミールや副産物は使われていない
・香料や着色料など愛犬の身体に負担の加わる添加物は入っていない

本当の手作りのように新鮮な食材を使って作られたドッグフードですので、どの年齢のワンちゃんにも安心して食べさせることができますよ。

モグワンドッグフードの詳細に関しては公式サイトでチェックしておきましょう。

カナガンドッグフード

穀物不使用のドッグフードの中でも、カナガンドッグフードは数多くの愛犬家から高い評価を獲得しています。

その証拠として、プレミアムドッグフードでの売り上げはナンバーワンです。

以下では、カナガンドッグフードのおすすめポイントを幾つか挙げてみました。

・犬の好きな食材のチキンが50%以上とたっぷり使われている
・「サツマイモ」「海藻」「マリゴールド」など厳選された原材料が入っている
・着色料や酸化防止剤は一切含まず、安全性の高い無添加に仕上げている
・現役の獣医師も自信を持っておすすめしている
・定期コースへの加入で割引価格で商品を届けてくれる

穀物を使わないグレインフリーのドッグフードなだけではなく、他にも嬉しいところがたくさんある製品ですね。

皮膚病や目のかゆみなどの症状が落ち着かない場合は毎日食べているドッグフードに原因が潜んでいる可能性が高いため、カナガンドッグフードを与えてみてください。

ファインペッツドッグフード

ファインペッツドッグフードはグレインフリーの代表的なドッグフードで、更なる安全品質を追及して開発されました。

愛犬家からの評価も非常に高く、愛犬だけではなく愛猫に与えるペットフードとしても注目を集めていますよ。

ドラッグストアやディスカウントショップで販売されているフードと違い、ファインペッツドッグフードのおすすめポイントを見ていきましょう。

・低脂肪で低カロリーの「鶏肉」「鹿肉」「鮭肉」を使っている
・人間が食べられる原料のヒューマングレードを意識している
・1.5㎏のドッグフードを1,080円で与えられるお試しパックが用意されている
・愛犬に合わせて小粒と大粒の両方から自由に選択できる
・着色料や保存料を含まない無添加のフードに仕上げている

メインの食材としてアレルギー性の低い鹿肉を採用しているため、「ファインペッツドッグフードを食べさせてからアレルギーが出にくくなった」と回答している飼い主さんはたくさんいます。

「本当にウチの子も食べてくれるの?」と不安を抱えている方は、ファインペッツドッグフードのお試しパックを購入してみましょう。

グレインフリー以外に押さえておきたいドッグフードの選び方は?

「グレインフリーであればどんなドッグフードを愛犬へと与えても良い」といった単純な話ではありません。

小麦やトウモロコシなどの穀物が含まれていないとしても、人間が食べられない原材料の4Dミートが使われていては全く意味がないですよね。

そこで、以下ではグレインフリー以外に押さえておきたいドッグフードの選び方の基準を幾つか挙げてみました。

・私たち人間でも食べられる原材料が使われている(ヒューマングレードのドッグフード)
・発ガン性を持っていたりアレルギーを誘発したりする人工添加物が除去されている
・チキンや牛肉などの肉材料の割合が高くて、犬が生きていくために必要な動物性タンパク質の含有量が多い
・野菜やフルーツなどの食材がバランス良く使われている(ビタミンやミネラルの含有量も多い)
・お手頃な料金でコストパフォーマンスが良い(愛犬へと長く食べさせることができる)

ドッグフードは愛犬の主食だからこそ、安全性の高さで比較して選ぶ必要があります。

ドラッグストアやディスカウントストア、コンビニなどの販売店では購入できるドッグフードの種類が限られているため、インターネット通販で取り扱う製品の中から選ぶ方法がおすすめですよ。

グレインフリーのドッグフードにデメリットはある?

グレインフリーのドッグフードには愛犬の身体へと負担の加わる穀物が含まれておらず、アレルギーのリスクを減らしたり肥満を予防したりといった効果があります。

しかし、グレインフリーのドッグフードはメリットだけではなく、次のデメリットもありますので注意しなければなりません。

・腸内環境を整えて便秘を解消する食物繊維の含有量が少ない
・カサ増し効果を持つ穀物類が入っていないので料金が高くなる
・腎機能に問題があると、高タンパク質のフードは負担が加わりやすい

「穀物が入ったドッグフード=危険性が高い」「穀物不使用のグレインフリーのフード=安全性が高い」と一概に言い切ることはできず、メリットとデメリットの両方がありますね。

愛犬の年齢によってもドッグフードの選び方は変わりますので、不安な方はペットショップの店員さんやかかりつけの医師へと相談してみましょう。

まとめ

以上のように、ドッグフードを選ぶに当たって穀物不使用のグレインフリーは適しています。

どんなワンちゃんにグレインフリーのドッグフードを食べさせれば良いのか見ていきましょう。

・小麦やトウモロコシに対してアレルギーを持っている(以前まで与えていたドッグフードに穀物が入っていた)
・老犬やシニア犬でお腹や消化機能が弱くて、簡単に消化不良を引き起こす
・肥満気味で毎日食べさせるドッグフードで体重管理をしっかりとしたい
・より健康的なドッグフードを与えて長生きして欲しいと考えている

実店舗で市販されているドッグフードの多くはカサ増しの目的で肉類以外に穀物が入っていますので、グレインフリーの製品をお探しの方はインターネット通販を利用してみてください。