犬がアレルギーを引き起こしやすい食材とは?

犬も人間と同じように、食べたものが原因でアレルギー症状を起こすことがあります。人間のアレルギーの場合には、母乳や乳児用ミルクから離乳食に変わる頃に起こることが多く、初めて食べる食材でアレルギーがでることがあります。

これは、まだ腸の成長が未発達である場合に、食べた食材が腸を通じて体内に入り込んでしまうことが原因だとされています。腸が成長すると、食べたものが消化不十分である場合には体内に吸収されなくなり、また腸の粘膜が強くなるため、食物を必要以上に体内に入ることを防ぎます。

このような作用で、アレルギーが起こりますが、犬の場合も同様の作用で食べたものからアレルギー症状がでます。そのため、食物アレルギーは離乳期が大切になってきます。離乳期以外でも、同じ食材を食べ続けたり、健康上の問題がでた時など、急にアレルギー症状が出現することがあります。アレルギーを起こすのには、たくさんの要因が複雑に絡み合っていることもあるので、いつアレルギー症状を起こすかは、予測できないものです。食物アレルギーを持っている犬の割合は約40%にものぼると言われており、多くの犬に食物アレルギーが関係しています。

食物アレルギーを最も起こしやすいと言われている食材は牛肉です。
牛肉はほとんどのドッグフードに入ってるほど、メジャーな食材です。しかし、牛肉と一言でいっても、育てられた環境や、成育中に使われた抗生物質の量などによって、牛肉の質が変わってきます。
アレルギーを起こすのは、食材だけではなく、こういった食材の育てられ方にも関係していると考えられています。

次に、アレルギーを起こしやすいものが乳製品です。これも、多くのドッグフードで使われています。乳製品は牛の乳ですので、これも牛の育てられた環境によって変わってくる部分もあるでしょう。

その次には、鶏肉、小麦、大豆、ラム肉、卵、トウモロコシ、米、魚、豚肉と続きます。
どれもが、食事によく入っているものです。これらの食材にアレルギーが起こると、食事をした後に皮膚が痒そうにしていたり、毛が抜けたり、皮膚が赤くなると言った症状がでます。また、お腹をこわして下痢をすることもありますし、くしゃみをするといった症状がでることもあります。

外耳炎を繰り返していると思ったら、原因はアレルギーだったということもよくあります。

これらの症状が、食事の後にみられる時には、食材からのアレルギー症状である可能性があります。しかし、どの食材でアレルギーを起こしているかを調べることは難しく、素人判断で、アレルギー症状だと決めつけてしまうのは良くありません。食物アレルギーの治療は、その食材を避けることから始めますが、自己判断で食事内容を変えると、栄養が足りない状態になってしまう恐れがあります。必ず獣医師に相談し、食事内容を変える場合にも指示に従って行うようにしましょう。

また、食物アレルギーは野菜でも起こることがあるので、注意が必要です。
犬はもともと肉食なので、玉ねぎなど人間が食べられる食材で、食べられないものもあります。しかし、喜んで食べる野菜もたくさんあります。野菜好きな場合には、たくさん野菜を与えてしまいがちですが、食物アレルギーには注意しましょう。アレルギーを起こしやすい野菜の上位にくるものは、トマト、きゅうり、にんじん、山芋、じゃがいもです。これらの野菜は、手軽に手に入るものなので、与えている人も多いと思います。きゅうりはウリ科の食物ですが、きゅうりにアレルギー反応がでた場合には、同じウリ科のメロン、すいかなどでもアレルギーがでることがあるので、与えないほうがよいでしょう。他にも、なすび、セロリ、ピーマンでもアレルギーを起こすことがあるようです。

アレルギー症状がみられた時には、獣医を受診し、アレルギー検査を受けることで、ある程度アレルゲンの特定ができます。そして、アレルゲンとなる食材を除いた食事を用意します。こうして、しばらくの間アレルゲンを身体に入れないことでアレルギー症状が改善することもあるようです。除去食は、専用のドッグフードを使うか、手作りで用意するかになります。人間の食べ物を与えると、アレルギーの原因がわからなくなるだけでなく、アレルギー症状が強くなってしまう場合があるので、人間の食べ物は与えないようにしましょう。そして、おやつで与える食べ物も同様に気をつけなくてはいけません。アレルゲンとなるものが含まれている場合には、しばらくの間与えないようにします。

食材だけでなく、添加物などもアレルギーの要因となります。ドッグフードには人間のように法律で定められた決まりがないので、添加物や保存料などが大量に使われているものがあります。そのため食物アレルギーを予防するためには、食材と共に、そういった保存料や添加物などにも気を配って食事を用意する必要があります。


おすすめドッグフードランキング

管理人が食いつき、安全性などを考えて選んだお勧めのドッグフード1位~3位を紹介してます。是非参考にしてみてくださいね。