愛犬に是非食べさせたい食べ物は?

健康に良い食べ物を与えることで、愛犬と長く過ごすことができます。犬は肉食なので肉はドッグフードから食べています。よってドッグフードをきちんと食べているならば、個別に肉を食べさせる必要はありません。

健康をサポートするのに効果的なのが、野菜です。野菜にはビタミンやミネラル、食物繊維が含まれています。例えばブロッコリーはビタミンCが豊富なので抗酸化作用が高いです。

人間の体と同じように活性酸素は老化を促進し、生活習慣病やガンを誘発します。ブロッコリーのスルフォラファンという成分もガンを抑制するといわれています。他にも食物繊維が多いことやほとんどが水分でできていることなどから、便秘対策にも有効です。

旬は冬ですがスーパーには一年中並んでいるので、手軽に買うことができます。生の状態で与えると硬くて消化しにくいため、茹でてあげると良いです。ビタミンCは水溶性ビタミンなので茹でる時に水に溶けてしまいます。しかし溶け出るのは切り口からなので、細かく切りすぎなければビタミンCの損失を最小限に抑えることができます。

茹でた後に水にさらすと尿路結石の原因となるシュウ酸も減らせます。カルシウムと一緒に摂取すればシュウ酸の排出を促進できるため、カルシウムが豊富なドッグフードを与えるのがおすすめです。キャベツにもビタミンCやスルフォラファンが含まれています。ビタミンUはキャベジンとも呼ばれ、消化不良を予防し胃潰瘍を抑制します。パントテン酸は解毒作用を持ち体内の健康を守ります。善玉コレステロールを増やす効果もある重要な栄養素です。キャベツは葉っぱが柔らかいので、生で与えても問題ありません。咀嚼回数が少ない場合は、細かく切ってあげるくらいの工夫で十分です。ただし芯は与えないように注意します。

キャベツの芯に含まれる硝酸イオン、胃液の分泌が少ないと亜硝酸に変化します。これはメトヘモグロビン血症を引き起こし、様々な中毒症状をもたらす原因です。人間では小さな子供や高齢者が胃液の分泌量が少ないので注意するようになっており、人間よりも体が小さい犬はリスクが高いと考えられています。食べやすそうな柔らかい部分だけを与えれば、自然と葉っぱを食べさせるようになり芯を除去できます。またブロッコリーやキャベツといったアブラナ科の野菜は、食べ過ぎない程度に与えなければなりません。ブロッコリーにもキャベツにもグルコシノレートという物質が含まれています。グルコシノレートは体のバランスを整える効果がありますが、消化される過程でゴイトロゲンという物質に変えられます。ゴイトロゲンは甲状腺がヨウ素を吸収する働きを抑制させるので、甲状腺ホルモンが減って機能低下を引き起こします。適量であれば甲状腺に影響は出ませんが、元々甲状腺に病気を持っているならば避けた方が安全です。

かぼちゃはβカロテンを豊富に含んでいます。抗酸化作用を持つ成分で体内ではビタミンAに変化します。ビタミンAも皮膚や粘膜を健康に保つ効果があるため、皮膚の病気になりやすい犬種におすすめです。ビタミンB2は被毛を良い状態に保ってくれるため、見た目のアンチエイジングにも効果的です。ビタミンAは過剰摂取すると肝臓に蓄えられます。その量が増えていくと中毒症状が出ます。犬は他の動物よりもビタミンAが過剰になりやすいので、毎日与えるのはおすすめできません。かぼちゃの食べ過ぎは糖質の過剰摂取にもなり、肥満を招きます。甘い味がするため甘味が好きな場合だと、食欲がアップします。飼い主は可愛いからとたくさん与えがちですが、与える量は少なめを意識します。体格や運動量、食欲など総合的に見て量を調整していきます。水分摂取量が不足している時は、きゅうりを食べさせます。きゅうりは95%が水なので、無理やり水を飲ませなくても便秘や脱水を防げます。人間のように体温調節を体内で行うのが苦手なので、夏場は水分の多い食べ物を与えることで体温を下げてあげます。

きゅうりにもビタミンCとビタミンAが入っています。さらにカリウムが含まれているため、むくみを解消したり高血圧を予防したりできます。ホスホリパーゼという酵素は脂肪を分解する働きがあり、肥満で悩んでいる飼い主をサポートします。カロリーは低いですが、小さくカットしたものを少し与えるくらいがちょうど良いです。人間はドレッシングやマヨネーズを使いますが、もちろん必要ありません。人間が食べるサラダに入っているきゅうりの中には、塩で味付けしているものもあるので人間用の食事からきゅうりだけを抜き取ってあげるのは控えます。基本的に野菜は量に気をつければ栄養補給になりますが、玉ねぎやにんにくなどのネギ類は絶対に与えてはいけません。アリルプロピルジスルフィドがヘモグロビンを酸化させて嘔吐や下痢、血尿などのネギ中毒を引き起こします。ネギ類を切った包丁やまな板で、他の野菜を切るのも禁止です。


おすすめドッグフードランキング

管理人が食いつき、安全性などを考えて選んだお勧めのドッグフード1位~3位を紹介してます。是非参考にしてみてくださいね。