ドッグフードの種類について

犬の生活で欠かせないものは食事です。市販のドッグフードにはとても多くの種類がありますが、さらに細かく分けることもできます。

ドッグフードは、「主食」「間食」など目的の違いで種類が分かれています。主食は、フードと水だけで健康を維持できることが前提で「総合栄養食」と記載されています。間食は、しつけに用いることで犬のやる気をアップさせる働きがありますが、与える量が多いと栄養が偏ってしまうので管理が大切です。また、病気などに合わせて栄養バランスを調整した「療法食」というものもあります。動物病院で取り扱っていることが多く、獣医師からすすめられて与えるというパターンがほとんどです。

水分量によっても種類分けができます。主に4種類あり、ドライ、ソフトドライ、セミモイスト、ウェットとなっています。ドライは水分量が10%以下で、保存期間が長いためコストパフォーマンスが高いのが特徴です。硬いため歯垢が付きにくいというメリットもあります。水分を摂取させたい場合はぬるま湯でふやかすことも可能です。

ソフトドライとセミモイストは水分量が25%から30%で、柔らかさが特徴です。しかし、傷みやすくカビが生えてしまったり、水分が飛んでしまうと固くなるなど保存に注意が必要でもあります。

ウェットフードは水分が75%以上で缶詰やパウチ、アルミトレーで販売されています。ドライと比べてニオイが強く、食いつきが良いというメリットや、水分を多く摂取できるメリットがあります。しかし、歯垢がたまりやすいというデメリットもあります。
フードの硬さを気にする犬もいれば、気にせずに食べる犬もいます。

犬の年齢によって栄養バランスを変えているフードもあります。犬のライフステージを大きく分けると4つあり、「妊娠、授乳期」「幼犬」「成犬」「高齢犬」それぞれに適したフードがあるのです。
妊娠、授乳期の母犬は栄養を子犬に送るため高カロリーのフードが必要です。産まれた子犬のためには子犬専用のミルクがあります。
幼犬は、人間の子どもと同じように育ち盛りです。体を大きくするためや脳の発達を促すために栄養のバランスが考えられています。一般的に高カロリーになっているものが多いです。
成犬は1歳から6歳または8歳くらいまでと考えられています。成長が終わり、健康を維持するための栄養バランスを重点的に考えたフードが必要です。高齢犬は活動量が減り、消化機能も低下してくるので低脂肪で低カロリーに調整されたものが適してくるようになります。

最近では、プレミアムドッグフードと呼ばれる高品質のフードが人気で、特に海外で作られたものが多いです。海外ではペットフードの品質について早くから基準を設けています。それに対して日本では、基準の設置が遅かったので、海外の製品に人気が集まっているのです。
プレミアムドッグフードの特徴の一つは、素材です。何の肉が使われているのかがはっきりしています。フードは、牛肉、鹿肉、鶏肉、羊肉、豚肉、馬肉、魚肉などが使用されています。犬によっては、使用される肉の種類でアレルギーを起こすことがあり、使用されている肉が分かることはとても大事です。肉の中でも馬肉は、薬品などを使用する頻度が少ないこともあり、犬がアレルギーを起こしにくいとして人気があります。また、低カロリーで高タンパク質であることも、犬の体作りにメリットがあると人気です。

犬のアレルギーは穀物の使用も関連しています。肉を多くするとコストが高くなってしまう問題から、穀物を使用して植物性タンパク質を増やし、全体のタンパク質量をアップさせているものもあります。ところが犬は穀物の消化が得意ではないので、アレルギーを起こしてしまうことがあるのです。そのため「グレインフリー」「グルテンフリー」といった種類も存在しています。

フードには「無添加」のものも増えています。脂質は時間とともに酸化が始まってしまいます。それを少しでも遅らせるために保存料を使用するのですが、合成保存料の中には発ガン性を指摘されているものもあるのです。また、着色料はフードをおいしく見せるためなのですが、犬は色をほとんど見分けることができないのです。原材料の産地の違いや収穫時期の違いなどわずかなばらつきでフードの色は変わります。それを「不良品」と判断されないようにと色を着けているのです。犬の体に必要のない物はアレルギーや皮膚炎の原因となることもあります。

犬種別にフードの種類が分かれている場合もあります。大型種と小型種では粒の大きさが違っていたり、犬種によっては関節や目などに配慮した栄養バランスになっていたりするのです。

以上の様に、ドッグフードには様々な種類が存在しています。初めてフードを選ぶときは、色々な情報があり迷ったり、手頃な価格のものから始めてみたりしますが、犬の体質によって合うフードや合わないフードがあるのです。必ずしも価格が安いからと言ってダメとはならないのです。様々な種類を試すことで、おいしく健康に食べてもらえるようにぴったりのフードが見つけることができます。


おすすめドッグフードランキング

管理人が食いつき、安全性などを考えて選んだお勧めのドッグフード1位~3位を紹介してます。是非参考にしてみてくださいね。