手作りドッグフードのレシピを紹介します

一般的にドッグフードは、犬に必要な栄養をとることができるように作られています。
年齢にあったものなどを与えていれば問題ありませんが、犬も毎日同じ食事では飽きてしまいます。犬のリフレッシュのためにも、時々で良いので手作りドッグフードを併用することがオススメです。

健康のためには全て手作りにした方が良いのではないか、と思う人もいるかと思いますが、全て手作りにしてしまうと飼い主の負担が大きく、ドッグフードが食べられなくなったらいざ飼い主が病気になったり、旅行に行って誰かに預けるときになど困ってしまいます。
それを避けるためにも、定期的にドッグフードを与えるなどの併用をすることが良いとされています。

手作りドッグフードというと、素材からこだわって作るというという人もいますが、基本的には飼い主が食べているものをメインにすることで安全なものを取り入れられます。
ただし、犬に与えてはいけない素材もあるためそれをしっかり理解することは大切です。
具体的な与えてはいけない素材としては、玉ねぎや長ネギ、ニラ、らっきょう、アサツキなどのネギ類は赤血球を壊して中毒になってしまう可能性があります。
イカやタコ、エビ、こんにゃくなどは消化に悪いため避けたほうが無難な食材です。胃に負担がかかってしまいますが、どうしても与えたいという場合には、ミキサーなどですり潰せば問題ないとされています。

香辛料などは胃を刺激して下痢をしてしまう可能性があるほか、肝臓や腎臓に負担になることもあります。
糖質や脂質の多いケーキやアイス、ビスケット、チョコレートやココアなどは肥満になってしまったり味覚を覚えてしまうため与えてはいけない食材です。特にチョコレートやココアに使われるカカオは心臓などに影響を与える成分が入っているため絶対に避けるべき食材になります。

手作りドッグフードを作るときのポイントは、水分を多くして消化しやすいように素材は小さく切る、与えてはいけないものを除き色々な食材を入れることが良いとされています。
また、食欲の落ちる夏場などにドッグフードに食材をトッピングすることも、栄養を補助するには効果的です。
手作りよりも簡単なトッピングは、火を加えて細かくしたささみや、キャベツ、蒸したかぼちゃやさつまいもなどを量に気をつけながら与えていきます。

しっかりした手作りドッグフードを与えたいという場合には、様々なレシピがあります。
手軽なものとしては、蒸し鶏と野菜のレシピが挙げられます。

鶏胸肉を開いたら薄く切り、キャベツやニンジン、しめじ、ブロッコリーなどを食べやすい大きさに切ります。ブロッコリーは下ゆでしており、鶏胸肉をしっかり蒸します。

フライパンに少量の食物油を入れて野菜を炒め、お油を足して一煮立ちさせます。この時片栗粉を入れてとろみをつけても美味しく食べられます。
蒸した鶏胸肉を盛り付けて完成です。

脱水気味の時には、トマトで牛肉を煮込むのも美味しく食べられます。
材料を食べやすい大きさに切ったら、牛肉、ジャガイモ、ニンジンを柔らかくなるまで水で煮ていきます。柔らかくなったらトマトとピーマンも入れて煮込み、盛り付けたら完成となります。

便が硬い時には腸内環境を意識したレシピにしていきます。
合挽きミンチを粘りが出るまでよく混ぜたら、納豆とニンジン、エノキをみじん切りにしたものを入れてよくこねます。フライパンで焼いたら皿に乗せ、フライパンの油を捨てて水を入れてさいの目に切ったトマトを入れてよく煮ます。
トマトが煮えたらハンバーグに入れて完成です。

湯通ししたささみをほぐし、細かく刻んだ野菜と片栗粉をあんを作り混ぜ朝せるだけでも簡単に手作りのドッグフードが作ることができます。
うどんと青梗菜を食べやすい大きさに切り、キャベツを粗みじん、ニンジンを千切りにしたら、鍋に豆乳と鰹節を入れて鍋を温めます。わいてきたら食材を入れて火が通るまでじっくり煮込み、途中で青梗菜を取り出します。

フライパンを温めてごま油を入れて撮りミンチを炒めて中まで火を通します。器に煮込んだ豆乳を盛り付けて炒めた鶏肉を乗せ、その上から青梗菜を乗せてこのみで黒ごまを散らして完成となります。
どの料理も、人肌に冷ましてから与えることが大切です。

また、どの料理も味の付いていない犬用に取り分けたら、塩コショウなどをして味を付ければ人のご飯としても食べることができます。

完全な手作りにしてしまうと、ミネラルやビタミンなどの栄養素が不足しがちになってしまうこともあります。栄養が不足してしまうと毛などに大きな影響が出てきてしまいます。それを避けるためにもきちんと栄養計算をする必要があり、犬の手作りご飯のセミナーに通ったり栄養について勉強する、市販のドライフードを併用するなどの工夫や勉強をすることが大切です。


おすすめドッグフードランキング

管理人が食いつき、安全性などを考えて選んだお勧めのドッグフード1位~3位を紹介してます。是非参考にしてみてくださいね。