オーガニックドッグフードのメリットデメリット

オーガニックドッグフードの最大のメリットは、原材料に農薬や化学薬品、化学肥料、そして保存料などの添加物が使用されていないということで、安心して愛犬に与えられるという点にあります。室内で飼われることが多くなったことで、人間同様、どうしても化学物質に囲まれる生活になっており、近年はペットもアレルギーを発症するケースが増えてきました。

人間の場合もアレルギーやアトピーの症状を抑えるためには食事に気を付けることが重要視されているだけに、愛犬の健康も、毎日食べるドッグフードの安全性や健康への影響が左右する面が大きいと考えられます。オーガニックと謳っていても、ドッグフードの場合、人間向けのオーガニック食品よりも、やや基準を甘く考える向きがあり、主要な原材料の無農薬・無添加にこだわっていても、一部の原料の飼料などに化学肥料を使って栽培された牧草が混じっていることがあるなど、少々厳密とは言い難い面もあります。

オーガニックとされているものでも、細かくチェックして行くと一部に農薬や化学肥料が使用されている可能性がある原料も含まれるということは、意識しておくべきと考えられます。
完全オーガニックとは言い切れない製品があるということを差し引いても、オーガニックドッグフードは、基本的に人間が食べても全く問題がない原材料を使って作られているということは、やはり飼い主が一番安心できる面であり、貴重なメリットです。

人間が賞味する肉であっても、海外が原産の安価な精肉の場合、農薬を使った飼料や化学薬品の成長剤などが使われている可能性がありますので、信頼のおける飼料が使われているチキンや、チキンよりもアレルギーが起こりにくいと言われているラム肉が使われているようなオーガニックドッグフードのほうが、人間の食材よりも安心して与えられる面があります。

オーガニックを強調している製品の多くは、アレルギー対策にもこだわっており、小麦等のグルテンが使われていないグルテンフリーはもちろん、昨今はグレインフリーも徹底されている製品もあります。

犬は本来肉食の動物ということで、小麦や米、トウモロコシなどの穀物を消化するのは、内臓への負担が大きいという考え方から、それらの穀物類をまったく使用していないものがグレインフリー製品です。穀物の摂り過ぎは、近年、消化に問題がないはずの人間にも少なからぬ害をもたらすことが指摘されており、犬への影響は多大と考えた方が自然であることから、グレインフリーのオーガニックドッグフードは、健康の根幹を支えるフードということになります。

オーガニックドッグフードのメリットはさらに、犬にとっては最も重要な、香りと味が良いという点にあります。嗅覚の鋭い犬は、安価なドッグフードから立ち昇る化学物質の匂いにも敏感です。一般的に食いつきが悪いとされているドッグフードの多くは、原材料に使われている安価な肉に含まれる化学薬品の匂いや、量を多めにするためにプラスされている安い穀物類に使われている残留農薬、保存料などの添加物の匂いに満ちています。繊細な犬はその匂いだけで食欲が湧かず、無理に食べたとしてもアレルギーを発症してしまったり、涙ヤケや毛艶が悪くなる原因になってしまいます。

そういった悪影響の心配がないオーガニックの製品を続けるということは、一見、高価なドッグフード代がかかるという面はあっても、犬が体調を崩して動物病院を受診して高額な治療費がかかる羽目になるよりは遥かに良く、金銭の問題以上に愛犬の健康を守るという点において、これ以上のメリットは無いと考えられます。

オーガニックドッグフードのデメリットのほうは、犬が病気にかかるリスクを大いに軽減できるという反面、日々のドッグフードにかかる費用が、かなり高額なものになるという点です。安心安全と愛犬の健康をお金で買うと考えて、ある程度の出費は覚悟の上で導入する決意が必要となります。

無農薬・無添加である証明のため原材料の表示を細部にわたるまで厳格に明記するほどとことんオーガニックにこだわっている製品の場合、通販限定でしか入手不可能だったり、価格も市販の製品よりさらに高額になっていることから、それよりはやや安価な製品を購入した場合、原材料の一部に農薬が使われているものが使用されていたり、完全グレインフリーではなく、価格によってはオーガニックの表示が曖昧な製品があるという点も、悩ましいところです。

さらに、いくら愛犬に良いからとオーガニック製品のみにこだわって、毎日そればかりを与えて栄養が偏ってしまうという問題もあります。すでにアレルギー症状が出てしまっている犬の場合、メインはオーガニックにこだわるとしても、栄養バランスを考えた上で他に与えるフードに関しても注意が必要で、その辺りは動物病院で相談し、指導を受けたほうが良い面もあります。成分表示をしっかりと読み、それらの由来について知っておくなど、ある程度の勉強も必要となりますが、愛犬の健康維持のためには大事なポイントと心得て取り組むことが大切です。


おすすめドッグフードランキング

管理人が食いつき、安全性などを考えて選んだお勧めのドッグフード1位~3位を紹介してます。是非参考にしてみてくださいね。