犬の気持ち

散歩を催促するイライラ吠えの対処法!吠える犬の本音とは?

犬にとって散歩は、ストレスを発散するための大事な時間だったり、運動をするための欠かせない時間だったりします。

飼い主もそうした重要性を理解して毎日のように行くという人が多いはずです。

しかしながら犬から催促されることも多く、そうした日常にストレスを感じている人も少なくないのではないでしょうか。

人間側の都合など考えてはくれませんので、散歩へ行きたいとなったら全力で吠えてくることもあり、大変に感じられていることもあるのです。

そもそもなぜ吠えてしまうのか、ひとつの理由は単純に外へ行きたいからです。

室内飼いでも室外飼いでも狭い空間の中にいるわけですが、そんな環境から飛び出したい欲求も持っています。そのため毎日の散歩の時間を楽しみにしている子も多く、行きたいとなったらワンワンと吠えて要求してくるのです。

まるで駄々をこねる子供のようなものでもありますが、自由に外へ行けない犬の気持ちを考えれば自然とも言えるかもしれません。

排泄をしたいという気持ちで吠えてくることもあります。
室内で排泄をするようにしつけをしている場合なら心配はありませんが、外ですることが日常になっている場合、排泄をしたいがために吠えてくることもあるのです。

生理現象ですので要求をしてくるのは当然と言えば当然であり、その場合は外に連れ出してあげることが必要です。

吠えてくるのはこうした理由があるからの場合が多いのですが、理由が分かったとしても吠えられるのは困りものです。もちろんそれなりの理由がありますのでしっかりと対処していくことが必要なのですが、その上で吠える行為はしないで欲しいというのが飼い主の本音でもあるでしょう。

では、吠えないようにさせるためにはどうすれば良いのかについてですが、ひとつは吠えてうるさいからといって安易に要求に応えないことです。静かにさせるためには散歩へ行ってしまうのが簡単と考えてしまうかもしれませんが、犬からすると、吠えれば散歩に行けると考えてしまうようになるのです。

そのように学習をさせると、これからも同様のことが続きますので、ある意味、飼い主自身が辛い状況を招いているとも言えます。

散歩への要求吠えをさせないためには、徹底して無視することが大切です。吠えても要求が通らないと分からせてあげる必要がありますので、飼い主にはリアクションをしない姿勢が求められます。

なお、静かにさせるために叱ったりおやつをあげたりすることもあるかもしれませんが、こうした行動も良くありません。吠えれば何かしらのリアクションを得られると学習させることになります。

そうなると散歩へ行きたい時以外にも吠えるようになるため、余計に大変な状況を招くことにもなり兼ねません。徹底して無視をすれば吠えても何も得られないと学習させられますので、基本的には無視をして対処するようにしましょう。

ただ、中には無視をしてもしつこく吠えてくる子もいるはずです。

するとご近所迷惑になることもあるため、なかなか無視をし続けることもできないものです。そうした場合は、ふせやおすわりなどのコマンドを出し、上手にできたら褒めるという対処方法もあります。

その後はまた無視をし続けますが、そこでまた吠えた場合は再度同じことを繰り返して訓練していきます。ふせなどをすることで褒められる喜びを教えることで、次第に嬉しい体験が積み重なり、要求吠えが減ってくることもあるのです。

散歩の時間を固定させないという対処方法もひとつに挙げられます。毎日大体決まった時間に散歩へ行くというケースも多いかと思われますが、パターンが決まっているのはあまり良いことではありません。

そろそろ散歩の時間、という学習をさせてしまうため、先まわりをして吠えるようになってしまうのです。

こうした場合は時間を変えて散歩へ行くようにするのが有効と言えます。いつ行くのか分からないようにすることで、要求するタイミングを失います。したがって時間をずらすことも心掛けながら付き合っていくようにすると良いでしょう。

普段から犬と十分に接し、できればしっかりと遊んであげるのも対策において大切なことです。散歩くらいしか楽しみがない場合、外へ行きたい欲求が爆発しやすくなりますので、余計に吠えやすくなってしまいます。

そうした環境ではストレスを感じやすく吠えてしまうのも無理はない面もあります。

吠えさせないためには普段の生活の中でストレスを解消してあげることが欠かせません。そのためには十分なコミュケーションを図ると共に、遊んであげ適度な疲れを感じさせることが大切です。

散歩へ行かずとも良いほどに満足させることは難しいにしても、多少なりとも満足を得られることで吠えにくくさせることができます。また、普段から良好な関係性を築いておけば、犬との信頼関係が密なものとなっていきますので、仮に吠えてしまった場合でも簡単に注意するだけで静かになってくれることもあるのです。

ドッグフードの人気ランキング

ドッグフードを選ぶ際に絶対知っておきたい情報や人気のランキングなどを掲載してます。